上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例によって公式にて既報の通り、新兵器として火炎放射器やガトリング砲が出るそうな。ガトリング砲はアメリカ南北戦争で使用されており、1860年代には出現しているモノ。火炎放射器はおそらくガソリン噴射式の第一次世界大戦で使用されたモノが原型だろう。20世紀の産物が出てくるとなると、これは大砲もカルバリンとかセーカーとかやってる場合じゃない訳である。

既にゲーム内には炸裂弾が存在しているが、1850年代にクリミア戦争が起きた折に使用された炸裂弾は似ても似つかない凶悪な代物。木製装甲を持つ船に対する破壊力が絶大であったことが記録に残っているのだね。大混乱が起こるとかそんな程度の話じゃ済まない。・・・もともと炸裂弾自体は19世紀初頭に既にあり、陸戦においては臼砲や榴弾砲で使用されている。これは高角度を付けての砲撃、つまり山なり弾道での砲撃での運用だった。低速で山なり弾道で撃ち出せる大砲でしか、危なくて撃てなかった訳だ。真横に撃ち出す大砲では技術面が未熟で安全な発射が行えなかったという話。

※艦艇に搭載される大砲は基本的に真横に撃ちだせるモノでなくては命中が覚束ない。移動する目標に対し砲撃を命中させるには、19世紀の技術では未だ目視にて直接照準し平射で撃ち込む必要があった。よって、艦艇で炸裂弾が使用できるようになるには大砲技術の進展が必要だった、という事だね。

まあそんなこんなで1823年に試作され、1840年代にフランス、イギリス、ロシア、アメリカで艦砲として採用されたのがペクサン砲。平射で炸裂弾を発射できる大砲の誕生である。この大砲に使用された砲弾は内部に史上初となる遅延信管機構を持っていた。大砲発射後、予想される砲弾の飛翔時間より後に信管が作動する仕掛けだね。つまり砲弾が飛んで行って、敵船体にグサッと刺さった後に砲弾がドカンと炸裂するという訳である。当然ながら、木造船体に対して絶大な破壊力を発揮した。ちなみにペクサン砲は炸裂弾専用だったので、この後1849年に開発された通常弾も炸裂弾も撃てるダールグレン砲にとって代わられることになる。・・・かくして1853年に起きたクリミア戦争で炸裂弾の木造船体に対する有効性を世界は目の当たりにすることになったんだな。

ってな訳で、新型大砲が出現するかも知れない。いよいよ変性大砲がガラクタ化するかも知れないなあ。おっかないなあ。
2016.03.30 だっちゃ。
造船を思いとどまろうと思ったのだが、新ラ・レアルだけ1隻誂える事にした。
俺のカンでは蒸気機関は専用艦スキルであり、おそらく漕船錬成へのカウンターパートなので帆船にしか付かない。(んじゃないかなあ。めいびー。)ガレーにもし付いたら困るので、専用艦スキルの付け替えを前提とした設計で行こうかと。

例によってデザインは、ラム戦闘の為。錬成によって生まれ変わったとすら言える漕船機関を搭載出来たので、これまでイメージにあったが実現できていなかった高機動戦闘が行えるはず。この前BCでガレアス乗った際にはキモチワルイくらい良く曲がるし良く走ることを体感しているのだな。

目指すところは、必殺の助走を付けた一撃の出力を確保しつつも、ラムの掠め当て→クリティカル砲撃や多段ラム攻撃を実現しうる機動力を発揮しうること。増量ながら旋回20程度をキープして漕船補助を付与することで機動力面を手当てし、ラム屋泣かせの混乱白兵掴みに対する抵抗力を持つために司令塔を付与、スキル移植で白兵戦迎撃も付けて対白兵戦対策を入念に施しておきたい。助走を付けてのラム突撃やライン際旋回や白兵後の揉み合いを制する上で直撃阻止は極めて有用なのでこれも何とか盛り込みたい所。リビルドボーナスをスキル移植とスキル枠追加に費やせば実現可能だろう。最大耐久は妥協せざるを得ないが、まあそこは有用なスキルとバーターだしね。

コンセプトを一行にまとめると、これだ。

『象のように舞い、蜂のように刺す』

なんという重量感。
第一次世界大戦レベルの近代兵器が出てきちゃうとは予想以上のぶっ飛び具合だ、こいつは恐れ入った。ガトリング砲は1860年代に出現していたそうだけどねえ。火炎放射器は20世紀の産物のはずなんだけどなあ。

どちらも特殊兵装枠らしいので、ラム戦志向の俺が使う機会はあまりないのかも知れない。蒸気機関も出現するらしいが、これは船の加速と旋回をブーストする効果らしいのでおそらく補助動力としての扱いで、既存の船に追加可能なOPスキルとして実装されるのではないかと思っている。多分、専用艦スキルとしてではないかな。特殊兵装で付くにはお手軽過ぎる気がするし。・・・特殊兵装で付いたら嫌だなあ。

おそらくガトリング砲にせよ火炎放射器にせよ接近戦時に自動的に発動するタイプの兵器なんじゃないかと思っている。古代ガナドールの火矢みたいに船員へのダメージが主体なのがガトリング砲で、船体へのダメージが主体となるのが火炎放射器なのだろうというのは想像に難くない。いずれも白兵ガチ盛りガレーの切り込みみたいな、白兵数値自慢みたいな1ONに革新をもたらしちゃうかも知れないな。白兵中に自動的にガトリング掃射だとか、火炎攻撃みたいなのがもし起こるとすると非常に怖いことになるかも。あるいは近接時に牽制攻撃として放たれることで、ある程度の確率による白兵回避効果が得られるなんてのもありかも知れない。ガトリング砲の弾幕とか火炎放射を掻い潜って接舷、切り込みなんてそりゃ難易度高かろうし。ところで火炎放射器は初期のものだと使用されたのはガソリン。焼き討ちや火炎壺、火炎弾などの攻撃による引火リスクと引き換えに船体ダメージとやや高い白兵回避効果を持つ、なんてバランス取りは・・・期待するだけ無駄なんだろうなあ。ハァ。

いずれにせよ、新船建造は今しばらく棚上げのほうがいいかも知れない。どう考えてもこれまでのアップデートの経緯を鑑みると、目玉となる要素は大概バランスブレイク性能引っさげて実装されているからなあ。きっと物凄いことになると確信。どうなることやら。
夏休みの友って名前の宿題帳出されたんだよな小学生の頃。いやいや違うでしょ、敵だよ敵。
幼少の頃より敵は見つけたらデストロイする主義だったので、初日から3日目までに大半を片づける子供でした。かわいくねー。

でまあ、漕船も白兵も錬成終わっちゃったので残った宿題を探してみると、錬成後の銃撃が10であることと、兵器技術が10であること、海事レベル上限解除で85まで上げられること。まさしく大提督でレべリングがジャストでグッド。トロ用に使っているラロワがスキル4つも付与してあるあたりも兵器上げにいい感じ。早速トロで海事81>82までやって見た。この間で兵器技術は10の熟練0から8000へ上昇、銃撃は10の0から7000に上昇。

なんだ楽勝じゃん。漕船錬成を経験した俺にもはや隙は無かった。85レベルまでにどっちも13くらいまでは無理なく上がるかな。4月19日以降に経験とスキル熟練の割り増しボーナスが一週間ほどあるらしいから、ここでスキル上げにトドメを刺してしまおう。とりあえずレベル上げとスキル上げはしばらく棚上げしてもよさそうな感じだし、カムバックキャンペーンの影響か今リスボンバザーの品揃えが非常にいい感じなので、造船に手を付けようと思っている。

せっかく白ネーム状態なので1隻交易用の帆船、あとラム戦闘用の将官レアル、あとどんな気持ち?計画2隻目のヴェネガレを1隻予定。どんな気持ち?計画1隻目のガレアスはついこの間商会BCやった時猛威を振るいまくりだったとさ。漕船錬成の機動力があれば、と思っていたがマジでラム切り返し2連凸を意識的に命中させられるとは思わなんだ。なかなかタイミングがシビアだけどね。夢の三連凸が技として完成した暁には、当て方が斬り付けるような様なので、『三斬華-サザンカ-』と技名を付けようなんて商会茶で話してみたら『厨2レイル』呼ばわりされました。いつか三斬華当ててやる。
どっちもめでたくR10達成。この二つはこれ以上は要らんと思うので次に着手しよう。兵器技術、航行技術、管理技術のランク上限解除が最近来たこともあり、産業革命アプデ以降に実装されるであろう新部品で新たなOPスキルが出現するだろうと俺の冴えてないカンが告げている。とりあえず大提督になって兵器技術でもちまちま上げておくかな。

3月はネガティブな記事を大量に書いてしまったので、4月は努めて読み手が楽しめる記事を書こうと思う今日この頃。もう春だしねえ、良い心地になりたいじゃないかね?幸い昨日の記事はどうも受けが良さそうだからたまにはああいうのも書こうかな。批判記事の類を一切止めるつもりは無いけどね。誰も言わないなら俺が言うよ的な。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。