上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月は予定通り、ひたすらに戦闘漬けの毎日。主にタイマン、及び実戦で危険海域に繰り出しては目に付いた海賊を襲う方針でリハビリを進めていた。つい先日、現役海賊中白兵の強さで定評のあるE鯖の海賊を撃破。白兵からの組み合いを捌く感覚を体得したのが大きな収穫だった。2年前にイングランドの大海賊と戦った際にこれを決められ敗北したのを思い出した。要するに応じないでぱっと大旋回を決めて離れ併走状態にもっていくか、応じてやり返すなら直撃阻止を入れてしまえば良い訳だなと。

そしてラスパに繰り出した所、おそらくは現役最強の一角ではなかろうかと俺が思っている人物から対戦リクエストが来た。実は1ヶ月くらい前にもリクエストされたが、今の力量では話にならないと思い断ったのだ。リハビリを終えたら応じるよ、と。およそ3週間(といっても一晩2時間とかだが)戦闘を繰り返し、覚束なかったスキル切り替えやラムを狙う旋回や位置関係を大分思い出したり、新たに乱したりをした。今の力が現役海賊達にどこまで通用するのか?これは正しく試金石。機会を逃すべきではないと考え勝負に応じた。

結果としては3戦し2敗先行、最後に1本取った形。最初の2戦は敵がシュミネを使っており、こちらの装甲値は84。中距離から短いスパンで300ダメージを連続して見舞われ、頻繁に帆を破られるので速度が乗らない。どうやら速度は船の性能差もあるようで、助走を付けても相手が先行してしまうため併走からの大ダメージを狙うことが出来ず攻めあぐねた。鐘の連続失敗(多分8Tくらいずっと失敗したか?)とか、助走を付けて砲撃との合せを狙った強引な切り返しラムで直撃阻止を切っていたところに頭クリを合わされるなど、こちらの挙動を冷静に見切られていた感が強い。流石である。

3本目、流石に速度負けしていては難しいと感じたので特優圧延鉄板3枚から遠洋ビーチ20板3枚に換装。巴戦で機雷除去を入れてきているのを見た為機雷ブーストも諦めて未強化アイアングローブから100愚者手に変更。さらに大学スキルで操船術2を切り高速度上昇3をセット。被弾が増えようが速度を高め、チャンスを自ら引き寄せるためにアグレッシブに攻めることにした。

速度でなんとか拮抗し、白兵防御力も若干上がって条件的にはかなり立ち回りやすくなった。相手がシュミネを止めて近距離砲に変えてきたのも好条件。カロ、キャノンの有効ダメージ射程圏内というのはラム屋にとってはあと一歩の間合いである。そこに踏み込んできてくれるというなら砲撃で応じてラムを刺すチャンスが嫌でも増える。シュミネのほうが遥かに嫌なのだ(これについては対策を講じる必要があると痛感)。

先の2戦と比べラムのヒット回数が格段に伸びた。こちらの耐久は元々低く1304、しかし相手との耐久差が100以上開いて不利になっていたのが、今回はほぼ100差に納まっている。機雷を相当踏まされてコレであるから、ラムが有効に機能したと断言できる戦闘だった。まあ中途色々あって最終局面。機雷ダメージによってラムを一本破壊されており、ラム単独攻撃による致死ダメージを出すのが難しくなっていた為、ラムを当てた後舳先をずらし白兵回避、追加砲撃での撃破を狙い突撃。相手は自ら動き急所へのヒットを避けて低ダメージに押さえてきた。しかし白兵に入らなかったのがどうやら想定外だったようで舵を滑らせた、かのような挙動を見せた。待ってましたとばかりにクリポジに滑り込んできた船首にキャノンを見舞い撃破。

ちなみにこの一戦で新品状態だった遠洋ビーチ板が耐久30まで削れていた。ぼくをいたわってくださいの人になってしまうところだった、危ねえ!機雷対策、中距離砲戦対策は何か講じないといかんなあ、とつくづく感じた勝負だった。ともあれ、もの凄く勉強になった勝負だったな。俺自身の今の力量を計れたのも収穫。おそらくタイマン限定で現役相手に拮抗とまでは言えないにしてもどうにか戦えるくらいには力が付いてきただろうか。スキル切り替えがスムーズでないとか直撃阻止を出来るだけ使わずにラムを当てたいとか、個人的不満は多々あるがまあそれもこの先の研鑽次第かな。

ところで勇名の二つ名もの凄くダサくないか?海賊のほうがセンスあるぞ絶対。運営に改善を要求したい。
タイマンらしきものを2年ぶりくらいにやった。もの凄く鈍っていた。鈍ってるとかってレベルじゃない。抜けば錆散る赤鰯、なんて言葉がぴったり。実際んとこ、今更対人なんてとも思っていたのだが、思うところあってゆっくり慣らしていこうかなと思い至った所存。とてもいきなりガチ勢と戦うなんて蛮勇を振るったところでボロボロに負けるだけで得るモノが少ないように思うので、まずは似たような力量と思しき手合いを捜してポツポツと練習を積み上げようかと。

6月はとりあえずリハビリ。練習量も足りてないけどハートの部分が一番ダメな感じがする。しかし闘争心を取り戻すやり方なんて知らないしなあ。まあマイペースにやるさ。
2016.05.06 近況
ずーっと南蛮してた。
というのも、某所にアジトを作ろう計画を勝手に立てて遂行しようという訳なんである。趣味で誰も見向きもしない外洋の田舎港に投資する分にはそこいらの投資屋さんも┐(´∀`)┌ナニガシタイノって感じでスルーしてくれそうなモノだしね。どうにかこうにか現金で26Gほどの実弾を作るに至ったので5月中に実行する所存。

あとはあれだな、撤退の煙玉の200個ストック造り。海事ギルドのギルドショップでローマコイン3000枚と交換出来るようになった訳だけど、これは実際んとこ単垢でも1時間で5、6個分のローマコインを稼ぎ出すのは難しくない。多人数で艦隊ミッションを回すとスコアが高くなりやすいので効率は割増、倍率ドンといった具合である。1戦毎400枚程度稼ぎ出すことは充分可能。2垢でもアベレージ300付近はさほど難しくはない、と感じる。多少使い込んでも2、3日コロッセオに篭もれば数十個単位で補充可能と言ってもいいだろう。

これはあれだ、白兵屋っつーか、廃強化装備で高白兵数値出して喜んでいる一芸タイマン屋にはとんだ悲報かも知れないな。撤退の煙玉を惜しまず使われたりした日には決定力が無くなっちゃうんじゃないか。煙玉は卑怯だ、みたいな風潮出来たりして。

大型船で対人慣れした人達と艦隊戦する機会もあり、数ヶ月ぶりにがっつりと対人戦もやってきた。やっぱ戦闘は嫌いじゃないなと思いもするんだが、やっぱ海賊とは違うよな。外洋で悪名付けてうろつく気分にはまだなれないね。当面はアジト計画とメインの冒険レベル&弓撃鍛錬あたりかなあ。
2016.04.13 ドサ日記
商人もする南蛮といふものを無頼もしてみむとしてするなり。

と言うわけで延々とやり続けてきたトロいぢめに少々飽きたのでふらりと交易職に転職して南蛮交易などをしている状況。もちろん交易用の船に持ち合わせなどあるはずも無し、と思ったら大昔に海賊用として建造した台湾船を交易用として改装したものがまだ在ったので今回もそれを使っている。なんだかんだで東アジアから欧州まで片道1時間で走れるのだから、骨董品の癖にやるものである。実際5スロで130人以上乗せられるから、外洋で張ってるようなクリッパー系海賊とかは充分撃退可能だったんだよなこれでも。

前回のイベントで副官の交易レベルが78まで上昇していたのでついでにグランアンフリュートを建造した。今後海賊としてのカムバックがあるかどうかは現時点で未定であるが、まあそういうコトがあっても間に合うように側砲スロを付与。斬り込み防止網に夜戦鉄装材を加え耐久1250台をキープ。支援砲台としても運用可能な最低限の機能は用意した、というところ。専用艦スキルには甲板障壁を付与してみた。以前甲板障壁の導入について検討中なる記事を書いたところ、副官船に付与して戦闘時召還することで効果を得られるといったコメントが寄せられていたのを覚えていたのである。この事案については自前での検証がまだなので、機会を見て甲板戦突入を妨害する効果と甲板戦突入時の攻防数値変動効果が現れるか確認するつもりである。

大容量を確保できたので早速3回ばかり南蛮交易をやってみたのだが、フランスはぶっちゃけ条件悪いなという感想。最大価格がつく交易品の落としどころがやたらと距離が離れていたり、領地が少なかったり、同盟港がなくて影響度だけ持ってる感じだったり。相場が悪いと不良在庫化して回転率が悪化しそうな条件ばかり目に付くのだな。だがこれはおそらく俺の経験、力量の不足なのだろうなあと。それに難しい=つまらないってことじゃないんだよね。工夫のし甲斐があると言えばそういうコトな訳でさ。普段やらないことをたまにやってみるのはプレイヤーとしての視野を広げることに繋がる訳で、これはこれで悪く無いと思っている。

ここんとこどうも戦闘に対する意欲が減退している感。・・・戦闘をする前は極力理性的であろうと努めてはいるが、いざ戦うとノリと直感を何より優先する傾向がある俺だけに、気分が乗らないというのは戦闘能力が激減している状態なのを自覚しちゃうんだよねえ。南蛮始めて見たのは気分転換的意味合いがメインなのである。そのうち某つっきー辺りにくっついていってどこかの模擬にでも参加してみようか。
蒸気機関がもうすぐ出ようという状況にも関わらず予定していた将官用ラ・レアルを建造。司令塔、白兵戦迎撃、直撃阻止、漕船補助を付与し、専用艦枠で強化衝角を付けてみた。蒸気機関が俺の予想通り専用艦で付与できるなら、速度と旋回強化が強化衝角とバーターということになるか。速度と旋回の向上と強化衝角ならば引き替えとしてもおそらくラムダメージはマイナスとはならないだろうという希望的観測が込められている訳だが。

19.99%増量。耐久は1266止まりだが旋回20、装甲44、帆は縦横最大と出来た。ラム戦闘において警戒すべき敵手の混乱白兵コーヴァス吸い込みに対し、最大限の防備を施し、助走を付けての大打撃&急旋回からの掠め当ての両方を狙える機動力、突進力を目指した設計である。まあそのうち外洋に持ち出してみる予定。アプデ以降の色々を見てから他の船も作るつもりだが、はてさて幾ら掛かることやら。

とりあえずアプデに備えて最近はいつものようにトロをいぢめながら兵器技術、銃撃、海事レベルを強化中。現在海事83Lv、銃撃と兵器技術は遠からず12に。海事Lv85までにどちらもR13に至るんじゃないかな。その先の強化はまあ、必要に応じて取り組むことになるか。二丁拳銃はこう、トキメキを感じるので銃撃は場合によってはR15まで頑張るかも知れない。

ところで今年はエイプリルフールのネタを用意しつつもタイマー設定ミスって発動し損ねた。

タイトルをとある無頼のポエム☆に変えて超キラキラなポエムをいくつか書いて一日記事として出すつもりだったのだが。来年までお蔵入りである。残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。