上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近知り合いに頼まれて海事の基本を教えることが何度かあった。イロハを教えるにあたり、毎回同じことを話しているので今度から俺の日記を読め、で済ませるべく、ここに俺なりの戦術理論を述べようと思う。

以下に述べる内容は、第一線で戦っている軍人にはとっくに周知のことに過ぎない。これから海事を始める若き軍人、あるいは自衛のために戦闘技術を身につけようという商人、冒険者の為のものだ。正しくシステムを理解すれば、模擬戦をこなす毎にどんどん上達することは請合おう。

なお、最初に断っておく。俺は危険海域での戦闘を実体験で身につけてきたゆえに、行儀のいい戦い方は上手じゃない。先に進むにつれ、かなり汚い戦法などにも触れる。まあ、そこまで書き進むまでに飽きると思うが。

とりあえず、今回のところはオンラインマニュアルだけじゃわからないけど知っておきたい基礎知識って奴を記す。内容が多いから数日に分けるけどな。

■2007年10月改訂
先ずは、大砲のスペックからいこう。大砲のスペックには以下の項目がある。それぞれが意味するところはマニュアルにあるが、ちょっと突っ込んだ部分まで書いておく。

1.貫通力
これは大砲の単純なパワーだ。数値が大きいほど打撃力に優れる。

2.射程
その大砲の持つ射程距離。短射程のものと比較して、長射程のものは有効ダメージを与えられる幅が広い傾向がある。ダメージが安定しやすいわけだ。

3.弾速
発射されてから着弾するまでの砲弾が飛んでゆく速度。数値が大きければ大きいほど早い。これは大変重要な項目だ。理由は後ほど述べる。

4.炸裂範囲
砲弾が着弾した際にあたえる被害の広さってわけだが、ゲーム内では帆や舵、船部品に与える損害の大きさで表現されている。特殊砲弾型の大砲は一般的にこの数値が高い。

5.装填速度
言葉どおり、発射後、再発射可能になるまでの待ち時間だ。数値が高いほど早く撃てる。

とまあ、こんな感じだが。弾速が重要なのは命中性に大きく関与しているからだ。とにかく弾は当ててナンボだからな。火炎弾や煙幕弾を扱う大砲は貫通力には優れているんだが、いかんせん弾速が遅い。回避スキルによって命中弾をガバッと減らされやすいし、遠距離で撃ってもダメージがほとんど出ないんだ。通常弾や二連弾を扱う大砲は弾速に優れるのでダメージが安定して出る傾向がある。つまり適当に撃ってもよく当たるので主流になってるわけさ。

ちなみに弾速は風向きによって影響を受ける。風上から撃てばプラス補正、風下から撃てばマイナス補正がかかる。つまり風上に立てば有利に撃ちあえるってことだ。

以下は砲弾の種類と特性。

1.通常弾/二連弾
特別な属性を持たない砲弾だが、二連弾型は高貫通、短射程、遅装填である。弾防御スキル上は区別されている。
特殊効果を持たない代わりに混乱発生を最も期待できるとも言える。
■二連弾はJBスキル『徹甲弾』の発動条件。効果はクリティカル時大浸水発生。

2.火炎弾
当たると火災が起きることがある。砲門数が多いと頻繁に燃える。ちなみに雨が降っていると直ぐ鎮火する。火炎弾による攻撃を受けて火災が発生した場合、弾薬庫に引火して追加ダメージを受けることがある。誘爆ダメージはランダム性が高く安定しないが弾薬を消費するので長期戦になると影響が大きいと言える。

■JBスキル『装甲劣化弾』、副官スキル『火炎弾強化』の使用条件。装甲劣化弾は自動発動、一時的に装甲値を1(クリティカルで2)下げる効果がある。効果は戦闘中累積し、交戦時の装甲値の半分でキャップとなる。火炎弾強化は火災発動確率向上&水減少。誘爆と合わせて消耗戦で威力を発揮しうるか。

3.煙幕弾
当たると煙幕状態になることがある。後日述べるが大変厄介な状態異常だ。一定時間たつか、ドロップ専門アイテムじゃないと回復できない。クリティカルで必ず煙幕状態になる。

■JBスキル『特殊煙幕弾』副官スキル『煙幕弾強化』の発動条件。特殊煙幕弾は横からの発動率は低いがクリティカルで100%発動、自動効果になったため使いやすさが向上した。クリティカル時の効果は発動中のスキル全キャンセル。再発動は即可能だが集中攻撃を受けている旗艦の回避/弾防御スキルがキャンセルされれば致命的な結果を生むだろう。船首メテオーラ砲などで狙えばかなり厄介と思われる。
煙幕弾強化は煙幕状態発動確率向上&食料減少。

4.鎖弾
腐れ弾。当たると船装備がどんどん腐れる。炸裂範囲が大きいため、帆や舵が壊れやすいのと、大砲の耐久がガンガン減る。貫通力は低いのでメインにはできないな。個人的には船首砲に最適だと思っている。
※クリティカル効果は必ず帆(船尾命中の場合舵)が破壊される。かつ、被弾した艦は航行速度が半減する。極めて危険。海賊はこれを愛用する奴が多い。
■副官スキル『鎖弾強化』の発動条件。効果は威力向上。

5.ぶどう弾
もともと船員に被害を与えるための砲弾だ。貫通力が極めて低いため、これ単独ではまるで役に立たない。こいつの真価は他の高貫通大砲に混ぜた時に発揮される。被弾した艦の耐久度が、最大耐久度の半分以下だった場合船員に被害が出る。耐久度が10%以下(耐久ゲージが赤色)の時に当たると無残なことになる。マジで数十人があの世行き。
※クリティカル効果は行動力減少。耐久度が高いときにクリを当てても船員は減らない。あくまで耐久が減ってるときに撃たないとダメ。
■JBスキル『炸裂弾』、副官スキル『ぶどう弾強化』の発動条件。炸裂弾は低確率で大混乱を発生させる。クリティカルの場合100%発動。ぶどう弾強化はクリティカルでなくても行動力を下げる効果。

これで大砲編は終わり。次は状態異常に触れる。多分。飽きたら知らねえ。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/9-6c21a6c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。