上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はイングサイドで傭兵参戦。金曜2つのイスパサイド要塞が陥落しつつも土曜はアビジャン、サンジョへの波状攻撃を凌ぎきられ、ほぼ勝利ポイント上イーブンで迎えた3日目。小型終了時点でアビジャン、サンジョとも健在。イスパサイドの対人艦隊はその数と練度ともに侮りがたく、イングサイドの要塞攻撃、工作艦隊を執拗に妨害しイングサイドの要塞攻略は大きな成果を上げることがないまま膠着。

中型も半ば程の時間、勝利ポイントを確認すると洋上戦において80P程度の差が開いていた。これはN狩りの効率で負けているか、もしくは要塞攻略部隊が敵精鋭に撃破され続けたことによって、対人2PとN狩り1Pの差を重ねられたか。いずれにせよこのまま要塞に拘泥しては引き分け判定条件である、勝利ポイント100差を超えて差を付けられてしまうことは明白な状況であった。

危機感を覚えた為海戦チャットにて意見具申。

『このまま要塞攻略に固執しては負けるのではないか?N狩りやN狩り狩りに方針変更するなら今決断しないと間に合わない』
的な発言をしたのだが、イングサイドのまとめ役と思しき方から情熱溢れるトークにて却下を頂戴した。

やれやれ、どうやらこの戦いの趨勢は定まったか。だが傭兵参加の身としてはこれ以上方針変更を主張する筋合いでもあるまい。わかった、もう言わないよと一言告げて今出来る事を考え、艦隊旗艦へ意見具申。恐らくこのまま要塞への工作を繰り返してもポイント差でずるずると敗戦への道を辿るのは避けられない。我々だけでもN狩り、N狩り艦隊狩りなどを行い勝利ポイントを積み重ねて80差を打開する動きを取るべきであると。我らが旗艦は意見を採用され、大型より勝利ポイントの積み上げを目的として活動を開始。

N艦隊を10、N狩り艦隊を確認しただけで4つほど撃破に成功。さらにルアンダ前で終了前15分にポイント差の危機を察知したのであろう友軍の援護を受け敵工作艦隊を2度ほど撃破成功。終わってみれば約70P差にて辛うじて引き分け判定。きっと誰も知らないし、褒めてもくれないだろうが・・・。引き分け判定まで持ち堪えられたのは中盤での警告に気付いてくれた人達が我が旗艦以外にも居てくれたという事なんだろう。しかし悔しい引き分けである。

どうも記念撮影なんぞに参加する気にもならず、リスボンへ戻る中途に海賊2隻艦隊の襲撃を受け撃沈された。不完全燃焼的気分であった為2対1何する物ぞとばかりにラスパへ寄港、ラム装備を引っ張り出して2隻艦隊へ逆に襲撃を敢行。まあ色々有って3度ほど負けたが、4度目にしてラムキャノンコンボがクリーンヒットし敵の片割れを一撃で仕留めることに成功。(ラムはこれがあるから止められん)万全を期してここで副官船を召還、敵も副官船を呼んで応戦してきたが果敢にラム攻めを繰り返し、ついには副官のシュミネスナイプとラムキャコンボの怒濤の寄せにもう1隻の海賊船も根負けし勝利をもぎ取った。

ふははやったった!

観戦していたらしい同朋海賊の祝福を頂戴しつつ気分良く欧州へと帰還。まあ2-1で相手が素人でないなら普通は勝てない。そこを何とかするのが面白いのだが。ともあれ3度負けはしたが4度目でのたった1回の勝利にて俺の新しい自慢話のストックに追加決定。先方にその旨を伝えたところ、くっ・・・っとこれまた素敵なリアクション。交戦中も色々かけあいがあったのだが、会話のやりとりが出来る相手は貴重で楽しい。またそのうち遊ぶ機会もあるだろうか。

とりあえず小型、中型で高速仕様のガレーを誂えようかと検討中。速度S4本入り+漕ぎ急加速で引っ張る船がいないと色々捗らないなと実感した故である。とりあえずお金稼ぎから始めよう。いつものアレで。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/755-3285fb77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。