上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定期船のなかでぼんやり考えていたことの一つ。例えば司令NPCが敵2個艦隊、いわゆる対人ペアに封鎖を受けているシチュエーション。こちらが対人能力皆無の工作艦隊1、後続が接近中とした場合どういう行動をとるのがベターであるか。

1.敵との接触を華麗に避けて司令にタッチ
2.後続が突っ込んで餌食にされるのを待って司令にタッチ
3.自艦隊を分割し別働隊で敵を釣って自分の本体と後続をタッチさせる

多分1が一番ダメ。敵はウロウロしないで司令の前で構えていればいいのだし、旗艦が相当上手でなければ成功の見込みは高くない。無駄に時間を費やすだけになると思うんだな。2.はおそらく一番簡単で確実。良心?そんなモノは母親の腹に忘れてきたよォ・・・。(ゲス顔)
ところで3.は実はいわゆる脳筋の知恵である。大海戦のルール上、艦隊を洋上編成することは出来ない。が、追従を切った艦が艦隊に加わったまま単騎行動することは問題ない。交戦を仕掛ける際に標的を確実に捉える為、敵に近い艦が隊を離れて交戦ボタンを押し本隊をより敵に近づけて戦闘に入るというのは慣れたハンター隊の常套手段である。

こういうのをやりやすくするために、上等なハンター艦隊は艦隊編成の際にメンバーを組み入れる順番も気を使う。4番艦、5番艦あたりにこの手のことが上手い奴を配置するとかね。何事も漫然とやってる訳じゃないのである。いわゆる脳筋だってその道での一流は賢いのだ。

まあそれで、その応用で1、2隻離れて敵を釣れば後続は安全に突破できる。戦闘終了時の点滅時間を利用すれば本隊もどさくさまぎれに突破が適うのではなかろうか。たとえやられても1隻で1艦隊釣る分には戦功やらんで済むし、沈められても難破で戻れば合流も手っ取り早いしね。ただ、こういうことをやるには艦隊そのものが固定メンバー、人間関係とか信頼関係が出来てないと上手くいかないだろうけども。

そのあたりをゆず茶をすすりながら定期船内であれこれと思案していたのだが、よく考えると今の俺は一兵卒なのであまりそこら辺の戦術を駆使して戦う立場にないんだよな。まあ思考ゲームの域を出ないが、こういうのが好きなのは性分なので仕方がない。快癒が見込めない病気である。


Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/622-10dfb2b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。