上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大海戦も終わり、消耗した悪名を補充すべく得意のアフリカ南部へ。E鯖の喜望峰付近が無法化しているのを知っていたのでそちらへ遠征。アガラス湾沖を遊弋し標的を探す・・・11時方向に、東からやってきたと思しきイングランド籍の商船を発見。こっそりと追跡し、アガラス岬沖を出て喜望峰に入る辺りで相手に見えるように距離を縮めてラインを超えた。

喜望峰に入って直ぐ、まるで跳ね返るかのようなターンを見せアガラス岬沖に引き返す標的。流石に無法海域で仕掛けられるのはご勘弁といった所だろう。こちらも舳先を返しアガラス岬沖へ戻った。・・・2秒遅れてアガラス岬に入ると帆を下ろして停船している標的がいた。

『襲うならこっちの海域で!』うんうん。気持ちはよーく分かる。
『じゃあさくっと上納品を出したまえよ』
『黄金色の最中をお納め下さい・・・・』

事を終えて一息ついた先方が呟いた。
『あと一歩で無法拿捕だった・・・』
『姿を見せて寄った俺の慈悲に感謝するといいさ』

去り際にもう一言だけ添えた。
『ま、そこでログアウトしなかった君に乾杯だ』
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/607-4a71b7f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。