上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酷い出来だな、と悪態を吐いた次の日にはソロでラビュリントスにずんどこ潜り続け100区画目に到達するに至ったわけだが。途中とうとう赤い排ガスオーラを纏う牛頭人身のナマモノに出会い、これを葬ることに成功。不思議な黄金とやらを手に入れたものの別に斧をメインウエポンにするつもりはないのでポイと捨てた。

それなりに潜ってみたが結論としてはツマンネ、としか言えない。せめて銀のタロットだの名匠の仕立て道具なんてものが出てくるならたまにじっくり時間をかけてやり込むのもいいかと思うが・・・。

誰が干しイチヂクだの鉄鉱石だのが欲しくてやり込むかッ!

某レリック受けてる際のドロップが酷すぎ。もうちょいなんかさあ、こう、バランスとかさあ。レリック中にしかでない服とかがあるのは良いんだけどな。うーん。あれか、謎解きだるくて全部雑魚ぶちのめして進んだから隠し通路の当たりを引いてないとかそういうことなんだろうか。

と、ここまで書いていて思ったのは、ガナドールが洋上戦闘を楽しむ人向けのアップデートで船装材とか強力なブースト装備だとか、新船建造のための素体だのが手に入るコンテンツだったからな。軍人目線で欲張りすぎなのかもな。今回は冒険者にスポットを当てたコンテンツだったから、根っから武闘派の俺にはイマイチ楽しめない内容だったが冒険野郎たちにはこれはこれでなかなか楽しめるモノなのかもしれない。天文学なんかもそうだし。今の大航海プレイヤーの客層を想像するに、これはこれで歓迎されているのやも知れぬ。

青旗付けて多垢で交易して投資合戦するプレイヤーも見受けられる昨今だしなあ。なんかこう、別の進化があったんじゃないかなぁと思えて仕方がないロートルの慨嘆。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/594-1cd3687b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。