上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資金集めの最中ではあるが、往路に都合の良い港があるので副官用戦列艦のG3化を実施。

休止前にG2にはしてあったのだが・・・当時は手探りだったので非効率なことに、G1時に装甲強化を施してあった。かなり金を余計に食うのは想像できたが完成度の高い仕上りなのでG3からのスキル付与を敢行することとした。

俺は元々正々堂々戦うみたいな思想はないので、強敵と戦うに当たって副官を呼ぶのは基本戦術である。

現在の実戦事情では、流行はどうも副官もガレー系に乗せることであるらしいのだが・・・どうせ副官船には大学スキルの効果は乗らないので白兵でさしたる脅威になるとも思えない。流行るなりの事情はあるはずなので、その辺りは戦闘カンを取り戻すリハビリ生活の中で実戦から学び取るしか無いだろう。現状を知らずにいきなり戦術特化させた船など作れる道理も無い。

と言うわけで、支援能力に特化させることにした。これならプレイヤーがどう戦おうと確実な効果が見込めるはず。

完成形として、修理支援、医療支援、司令塔、斬り込み防止網をスキル付与、装甲強化を施した高速戦闘艦仕様の戦列艦が出来上がった。船員数に不安はあるものの付与スキルは沈んでいても効果を発揮するものばかりなので、ある意味万能支援艦のはずである。火力面ではもはや略奪命令書連打を恐れる必要が無くなったわけで、大砲鍛錬具を目一杯ぶち込んだ各種大砲どれを積んでも問題無い。通常弾からぶどう弾まで一揃え何でも揃ってるからな。

何か相性のいい戦術を見いだせると良いのだが。・・・しかし想像通り、G2からG3までの強化で200Mあまり吹っ飛んでしまった。スキル付与はG1でやらんと酷いことになると改めて学習。虎の子の大型設計図が40枚も消費されてしまったのも痛いところ。

まだまだ交易生活から抜け出せそうにない。





Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/530-ffa1a4e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。