上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>③「海賊家業を志す者への指南書」・・・これも私の案。
個人的に一番聞きたいかなぁ。
目指すスタイルは人それぞれだろうけど、ここは踏まえておくべし!みたいなものがあれば。

また難しいお題だなあ。
賞金稼ぎが視界に入ったとたん洋上で雲隠れする忍者みたいな海賊もいるし、商船よりも強い奴との戦いを欲して軍船を好んで襲う弁慶みたいなのもいる。

俺は自分のやってきた道を教えるしかできんが、少し書いてみるか。
海賊をやりたい。まあ、別におかしいことじゃねえわな。

じゃあどんな海賊になりたい?
手当たり次第触れるもの皆傷つける割れガラスのような赤ネーム?金さえ積まれればどんな相手の撃沈でも引き受ける仕事人?インド航路の宝石輸送船団のみを狙うハンター?

活動中のある海賊に憧れて、その人物のスタイルを追いかけるなんてのもありだよな。徹底した利益追求だってありだ。悪名を上げまくって知名度を上げ、サーバでその名を知らぬもの無しってところまでやるのも当然ありだと思うぜ。

俺はこのゲーム始めたときから海賊をやるって決めていたから、ある意味特殊なんだと思う。ただ、最初は別段スタイルなんてものはなかった。自国の船舶だけは襲わないと決めていたが、だんまりで重ね白兵からいきなりスタート。拿捕したらさっさと去る、逃がしたら次の獲物を探してうろつく、てなやり方をしていた。3隻くらいの艦隊で1隻の獲物を追いまわすなんてこともやった。

ただ、ある時東地中海で襲って拿捕した獲物から、
『名乗りすら上げられない甲斐性無しか』

と言われたのが転機だった。漠然としたやりたいイメージに方向性を与えられたというのか。まあ、名乗りはかなり時間的に厳しいので未だにやってないのだが、話しかけるという行為を積極的に行うようになった。

状況が許せば停船命令から入る。逃げ切られそうなら仕掛けてから『金だしな!』とシンプルに行くが、とりあえず声を掛ける。港に逃げ込んだ奴には無事に通して差し上げるので通行料を置いていけ、と恫喝。おう、なんてろくでなしだ。

場合によっては他国海賊がひしめいている海域で捕捉した船を安全海域までエスコートする代わりに用心棒代を頂いてもいい。話しかけることからいろんなことに発展していくと思うのだ。

Z鯖のお寒い海賊事情を鑑みるに、もっと『話せる』海賊が現れてもいいんじゃないかな。賞金稼ぎが寄ってきたらさっさとログアウトなんざ傍目からみたって格好良いとは俺は思わない。憎まれ口の一つも叩いてさっさと退散するのがらしい在り方ってもんだ。

襲う側が話しかけないなら襲われる側はそりゃ怖いはずだ。何考えてるのかわからん相手に襲われたほうが話しかけるってのは凄いエネルギーがいる行為だ。だから襲うほうがなにがしかのアクションを行うのは相手の反応を引き出すために必要なことだ。

これから海賊を志す人には、ぜひ『話せる』海賊を目指して欲しいと思う。形はどうあれMMOってのはコミュニケーションを楽しむものであると思うから。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/52-0f7171ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。