上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>②「過去最高の熱い戦い」・・・これは私の案。これは良い勝負だった。というお話を何度か聞かせて貰ったけど、中でもとりわけこの戦いは・・・というものを。

・・・過去の戦歴を振り返ってみる。やはり最高に熱くなったのはあの一騎討ちかな。
何せ古い話、戦闘の詳細をどこまで思い出せるか分からんが、できる限り書いてみよう。
あれは、海事Lv上限が55になり、戦列艦とガレアスが登場してしばらくたった頃だった。当時、ENG海賊はその数を減らし、FRA海賊が大いに幅を利かせていた。

カリカットやセイロンを出入りする商船を港の前で待ち伏せする、いわゆる封鎖型の海賊行為が全盛を極めていた頃だ。

FRA海賊から大きな被害を受けていたENG商人達が、反撃としてFRA同盟港であったポンディシェリ投資を決めたのは自然な流れであったと思う。

その頃は投資申請書なんて便利なものはない。大規模な投資ツアーってのは何度も港前で1日かけてUターンを繰り返すってなやり方しかなかった。うっかり非戦海域をはみ出しちまえばたちまち海賊の餌食ってわけだ。

インドで戦列艦の乗船資格を得るべく海事訓練に明け暮れていた俺は、ポンディシェリ沖に複数の国籍が混ざった海賊艦隊が現れたって知らせを受けて現場に急行した。

後にENG海軍でその名を轟かせることになる「奇妙な目」や、英国私掠の先達だった男。後に英国議長を務めた付き合いの長い友人。なかなか豪華なメンバーだったな。彼らと艦隊を組み戦うこと数回。海賊達は一旦引き上げていった。

目標金額の投資も終え、ポンディシェリの街中で皆一息つけていたとき、海賊艦隊来襲の報が飛び込んできた。
既に投資を終え、外に出ている艦隊はほぼ無かったのだが、どうやら彼らは先の戦闘の続きを望んでいるらしい。このまま終われないってわけか。

しかし既に目的を達した後のこと、既にログアウトしたメンバーもおり誰も出撃しようとはしなかった。

やってきたのは当時各国の海賊達と強力なコネクションを有し、Zephyros鯖で最も高い知名度を持っていたと思われるESPの大海賊とその仲間達。一度挑んでみたいと思った。英国軍人を腰抜け呼ばわりさせるわけにもいかねえ。

友人の制止を振り切り単騎で出撃。相棒は鉄張りの戦闘用ガレオン『ドラウプニルⅤ』。今夜はもう一働きしてくれ。

『よう、ご苦労さん。もう投資は終わっちまって皆港で一服だぜ』
ESP海賊に呼びかける。
『うるせえ、馬鹿野郎』
へへ、流石に大悪党。柄の悪さも堂に入ったものだ。

『血の滾りが抑えられないというのなら』

『俺とサシで1戦どうだい』

奴は仲間を遠ざけると遠間から仕掛けてきた。
『「運命」の名にかけてお前を潰す』

かのコネクションの名が出たか。本気で勝負を受けてくれたらしい・・・。心が燃え立つ。
「1対1だ。誰も手を出すな」

敵は戦列艦。対するは戦闘用ガレオン。こちらが勝るのは旋回能力と船足のみ。真っ当な砲撃戦では勝ち味に薄い。間合いが離れているうちに機雷源を構築、敵の接近を誘う。

「そんな機雷の使い方ではそこにいるFRA女海賊の足元にも及ばんぞ」
!・・看破されたか。流石歴戦の海賊、戦闘経験でこちらの意図を読み取ったか。

「ふん、見えていたっていいんだよ」
動揺を隠しつつ言い返す。くそ、まずい展開だ。機雷源を迂回してきた敵艦は横から合わせてくるように動いてきた。猛烈な攻撃。撃ち返すもののパワー差は明らかだ。なんとか距離を保ちつつ必死で打開策を考える。・・・資材の残りは心許ない。砲撃戦を続けていてはジリ貧だ。かといってここで逃げを打つことは許されない。挑戦者がケツまくるなどあってはならぬ。

混乱白兵に活路を見出す他無い!

撃沈されるより損害リスクは大きいが、かまうものか。
覚悟を決めて回避、速射、水平スキルをかけ直す。スキルウインドウを開いて統率を即使えるように用意。必要なものは運と度胸。その瞬間だけに集中して仕掛けるのみ。

併走を仕掛ける。敵艦の砲撃を食らい、船員が混乱に陥る。統率をわざと遅らせる。敵艦がわずかにこちらに向けて舵を切った瞬間、統率発動&200%装填砲撃!

逆転のクロスカウンター。白兵の瞬間敵艦が混乱し、こちらの士気が大いに盛り上がる。余力はない。この白兵で決められないなら敗北は必至。

祈りにも似た感情を込めながら突撃命令。決まれ・・。
50人余りを倒す。後2ターン・・・

決まれ・・・決まれ・・・。突撃!後1ターン・・・

決まれ!「もらった!」突撃!!



敵艦を拿捕。勝てたのか・・・。
凄いプレッシャーだった。虚脱感を覚えながらポンディシェリに入港。・・・勝った。勝利の実感が湧き上がる。友人達に報告。祝福の言葉を次々掛けられる。・・・ふぅ、悪くない。

この後にはちっと続きがあって、彼の仲間から逆に次々挑戦されて受けてたったんだが、なんとも緊張の糸が切れちまって全敗したんだなこれが。

最後まで格好良くいけないのがまあ俺らしいちゃそうなんだが。俺のベストバウトは今んとここれだと思う。

③のテーマも折をみて書くから待っててくれ>Rika君
①はなあ、あえて秘密だ。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/50-2f9eaf1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。