上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東南アジアでの海事訓練でくたびれた船首像と大砲の補充を行うべくカリカットへの移動を決めた。

折り悪く、同じ商会の英国海賊がインド西岸、南岸を派手に荒らしたらしく賞金稼ぎが出張ってきてるという情報が入った。

はあ、たまに戻ろうと思ったらこれか。まあなんとかなるさ。
訓練のしすぎで悪名1100切ってしまったし、一仕事しないとまずいしな。

アンダマン海を真西に突っ切るかたちでセイロンへ向かった。
道中、華麗にPOR籍クリッパーを取り逃がしつつ無事セイロンへ到着。どうも久々で錆びてるらしい。

南岸で検索をかけてみると、リスボン沖を狩場にしていることでその筋では有名なPOR賞金稼ぎと、以前このあたりで交戦したNEDの賞金稼ぎがヒット。・・・分かってるだけで2隻か。なんとか発見されずにカリカットへたどりつきたいところだ。

沿岸から半日離れたあたりを西に航行。インド南端の岬を通り過ぎようとしたあたりで、NED賞金稼ぎの戦列艦を2時方向で視認。うげ、あっさり発見されちまったじゃねぇか。

こちらに船首を回し、追尾にかかるNED戦列艦。念のため戦闘向けの装備をして出てきたが、一銭にもならん戦闘なんぞゴメン蒙る。交戦的なNPCが複数出現している地帯をかいくぐりながら真西へ移動。
南岸は西から東に向けて強い風が吹いている。横帆の帆船では追ってこれるものか。

『無駄だ、この風で追いつけるか』
『むむ』

焦ったか、インド海賊に補足される敵艦。
『ふん、甘いな』くくく、ザマねえな。

悠々と西に移動。NPC賞金稼ぎを突っ切ってオサラバだぜ。
『セイロン海賊の強襲です!』
な、なんだってーーー!!!
見 間 違 え た ッ !?
『wwwwww』
いかーーーん、超しくじったぁ!後方は停戦状でその場を脱したと思われる戦列艦が接近。しかも北からガレアス級がこちらを伺うように周回しはじめた。うおお・・・痛恨のミスではないか。

『アレイルさん、それ狙われてるんじゃない?』
近くにいたと思われる同商会の海賊から通信。どうみても狙われてるねえ。

『まあいいさ、この程度をいなせなくてどうする』
強がりを吐きつつ逃走経路をイメージ。十分に加速を乗せた後、北に向かって直進。1日耐えればコチンに逃げ込めるだろう。NPCを引き離しつつ2隻の賞金稼ぎの位置を計算。程なくインド海賊らしい艦隊が近くに沸いた。

・・・好機だ。進路変更、インド海賊に向かって進みつつ戦闘エリアを脱出。無敵時間を利用してこれを突っ切る。後方から追いすがる戦列艦がインド海賊に捕捉された。よし、計算どおり!あとはガレアスとの競争だ。

・・・かろうじて振り切りコチン沖の青ゾーンに飛び込んだ。

『ちっ』
『ふん、ご苦労さん。あとは回航で悠々カリカット入りさせてもらおう』

『そうきたか』
苦笑するNED賞金稼ぎ。嵐を選んで出航する馬鹿もいるまいよ、と毒づきつつコチンで一杯。そしてこっそり出航しカリカットに無事到着を果たした。

『なんていいつつこっそり出航してみた』
三味線を弾くのは海賊の資質だよ、と嘯いてみる。

『そういうのは嫌いじゃないな』
あんたもなかなか味がある。俺も君みたいなタイプは嫌いじゃないね。

ともあれ無事に補給を果たした。もっとも戻る前に一仕事しないとな。
ゴア沖合を目指して夜闇にまぎれ出航。

この夜、もう一戦やらかすことになったのだが、続きは次に。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/40-2f06e63f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。