上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝鮮ダンジョンに続き中国ダンジョンのメモリアルアルバムをコンプリート。これで欲しかった装備がまた一つ揃った。・・・実はどうやヴィンランドアップデート以降応用剣術スキルの効果が存在感を増しているように思うのだ。応用剣術スキルのランクが彼我で5以上の差があると攻撃のガード率が6割近いように感じるのである。

テクニックのガードによるダメージ軽減がきちんと作用していなかったのはバグだったようで、これは修正されたらしい。となるとテクニックのダメージにも影響が及ぶわけで、応用剣術ブーストを無視するわけにはいかなくなったと、まあこういう訳だ。

俺が陸戦を鍛えているのは基本的に甲板戦に対する対策であるわけだが、この陸戦というのは鍛錬しながら金策が出来るという数少ないコンテンツの一つである。ダンジョンに数回潜って出土品を捌けば仕立て道具代くらいは出せるので赤字知らずで鍛錬が行えるあたりが実に俺好みなのだ。

ところで計算上、応用剣術は実に非優遇にしてR20にすることが可能である。まあ実際は甲板戦は洋上戦の延長上にある以上砲撃関連のブーストを完全無視というわけには行かないのだが。今回手に入れた鉤鎌刀は分類上は槍であり、攻撃力85、剣術+2応用+2で耐久も実用に足る60という性能。これに籠手や服などでブーストを行えば剣術18応用15程度で活動することは充分可能である。

収奪耐性装備であるかどうか検証は必要だが恐らくメモリアル装備の例として大丈夫だろう。次は頃合いを見て人知1をクリアだな。復帰はあまり遠くなさそうな気がする。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/387-59118db3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。