上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎沖に展開し、仕掛けのタイミングをお互いに図りながら移動を開始した両艦隊。前回からの続きである。

海賊Kの一騎駆けによる斬り込み>甲板戦突入という戦術を採ってくることは確実と見て、敵隊列の最後尾を狙い交戦を仕掛けた。極力戦闘開始段階で海賊K@大安宅を遠ざけ、間に多数の僚艦を挟む意図である。

海賊Kは予想通り甲板を狙うべくこちらに向かって来たが、交戦位置が近かった『黄金の鹿』メンバー2名がこれを阻み、白兵からの抜け撃ちを見舞って撃沈。どうしても欲しかった1勝目がすんなりと手に入った。
なおも両艦隊は戦意衰えず、そのまま再交戦。・・・これから1時間の間はフリーハンドで交戦位置を設定できる。仕掛けが楽になったので余裕を持って海賊Kをとにかく遠ざけながら交戦するという戦法を取り続けた。

2戦目、海賊Kの動きを僚艦が阻んでいる間に、海賊Rと海賊Aが眼前の敵と相対しているところに接近しそれぞれの船尾に一撃を見舞う。2隻撃沈、敵旗艦は不利を悟り交戦エリア外に離脱。賞金は手に残る。この時点で4拿捕の被害は大体埋まりつつあった。

3戦目、海賊Kの動きが変わった。隊列をさっと離れ、交戦エリア外周を移動中に逃走を使用して速度を上げているようである。・・・早ッ!なんだありゃ。おいどうなってるんだ?

1隻だけ動力船がいるぞ!?

敵僚艦に白兵で掴まれた、と思ったら海賊Aがとんでもない速度で寄せてきたのを見て驚愕。これこそが真価か!しまった、と後悔したが後の祭り、誰もこの神速の寄せを阻めず白兵撤退後に捕まり甲板戦へ。
散開&即時撤退を指示し、初手から迷わず時間稼ぎ&撤退というガン逃げを選択。

ポルトガル軍人T:『そんなにすごいの?』
俺       :『・・・臨機応変に』
多分10秒でヤバさが分かるさ・・・。

果たして、3人の縄師は散開しながらこちらを麻痺攻撃で捉え、1分もしない間に3人が倒された。初手から撤退ボタンを押し続けていたため辛うじて5人目が倒される前に撤退が間に合い、所持金を2割程度収奪されるだけで済んだ。アドレナリンが大放出する展開である。ヒリヒリするようなスリルがたまらない。

続く4戦目も海賊Kの怒濤の寄せを回避できず甲板戦へ。ここも最後の一人を残して辛うじて撤退に成功。どうにもまずいので一旦補給に戻り、陸戦の全体状態回復アイテムなどを配布。俺は海賊Kの速度に対抗すべく風獣のお守りを用意した。風霊でも良かったのだが、しみついた貧乏性はなかなか直らない。風獣は保有数が200近くになったので割と気軽に使えるのである。というか、ここぞのタイミングというのはまさしく今。効果の程を図るためにもちょうど良い。

・・・以後続く20数戦、互いの旗艦は追いかけっこ。かなりマシにはなったがまだ速度で劣る俺が僚艦を盾にしながら逃げ回り、海賊Kがこれを追う。その間に互いの僚艦同士が交戦、旗の進路をフォローするという展開となった。内容としては洋上戦における撤退/被撤退がほとんど。この間に敵海賊数人が幾度が撃沈され賞金は積み上がっていったが、略奪命令書により僚艦Mが改良トップを奪われていた。

ちなみに重ガレーで参戦した海賊P、耐久が680しかないため大変な目にあってはいたが一度俺に白兵を仕掛けてきた折に大いに慌てさせてくれた。

『この白兵数値なら大して怖くない、Kの安宅はまだ遠いしな。鐘鐘・・・ん?重ガレーのスキルって何か嫌なモノがあったような・・?』
直後、破壊工作が飛んできたのである。
ぐわっ、やべえ!帆破壊でも喰らったら確実に捕まる!
結局この1戦では撤退に3度失敗し、オワタ、と思ったところに海賊Kが逸ったか、不用意に突っ込んできたところを僚艦Mが割って入って頭クリ、撃沈という運びになったのだが。甘く見てはいけない、山椒は小粒でもピリリと辛いということだ。


総括として、敵旗艦を撃沈して勝利すること4回、甲板戦にて敗北すること1回。PK行為とPKK行為における安全化のポイント変動格差が数倍であるという風説が事実なら、先の4敗を補填するに余りあるだろう。また交戦中の3時間弱は他の被害が抑えられていた訳で、この間にNPCもどんどん狩られていただろうし本当に微力ではあるが東アジア安全化に貢献できたのではないか。出来てたらいいなあ。先の4敗を勘定すると実は4-5で負けてるからな・・・。

最後の一戦と互いに示し合わた勝負を勝利で飾り、長崎に双方撤収。
略奪命令書で僚艦Mが奪われた改良トップと甲板戦での敗北で俺が奪われた錬金ローズ板の買取交渉をまとめ、この日は終了と相成った。金銭的には痛み分けだろうか。先方の海賊には賞金格差があったので、収奪品の買い戻しによるお金を公平分配していたなら勝ち組と負け組が出来ていたかもしれない。というか海賊P大勝利かもしれない。

この翌日、インド以東が一斉に安全化し、絶好の冒険日和となった。交易?まあ相場荒れるだろうな。俺は朝鮮ダンジョンに篭って交易品掘り出しながら大将弓アルバム埋めるつもりだからノープロブレムだが。

しかし装備の損耗がえらいことになってしまった。とりあえずは女帝かね、やれやれだ。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/374-a82d8838
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。