上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦闘すること数週間、ようやく冒険レベル64>68への強化を終えた。
結局の所、淡水ダンジョン前のボス敵PTを殲滅し続る作業を最初からしていれば約半分の時間で済んだと思われる。少々難易度が上がるが、蘭陵王装備、78ブーツ、籠手、ゲイボルグといった比較的軽装で充分やれたのでどうにでもなる、といったレベルの話である。

ちなみに78ブーツ(少し前に某R商会の海賊を倒した折に奪いとったモノ)はちょっとよそ見しているうちに集中砲火であっさり沈み、淡水ダンジョン前の露と消えてしまった。探索はしてみたが回収できなかったのでこれもそのうちどこかの船からでも奪いとらなくてはならないだろう。自分で作るとか超面倒なので却下だ。

とりあえず密かに建造しておいた新鋭艦に早速乗り込む。熟練度が全くないので側砲が3基しか積めないがまあ堺への移動くらいどうということもないだろう、ということで淡水を出港。時間は午前2時、密やかな進水式であった。

ちなみに新鋭艦の性能は以下の通り。

船種 台湾船 ※ローズウッド素材に変更済み

耐久  806 + 70
縦帆  242 +110
横帆  181 +110
旋回   11 +  8
対波    9 + 19
装甲   26 +  0

船員  142 +  0
砲門   34 + 38
船倉  408 +  0

OP 急加速 OSB 特殊煙幕弾

ちなみに船名は『Tiwan Sides』である。



重量砲撃を敢えて選ばず特殊煙幕弾を選択したのは、攻撃用途に比重を置いた結果だ。専用艦スキルの部分はお金さえあれば付け替えが効く分実験の余地が残されている。ダメだと思えばまた換えればいいので気楽なモノだ。

ちなみに移動中、某R商会の海賊の仕事現場に出くわしたので戦闘終了を待ち強襲。3スロしか積んでないので副官と海軍を全力召還し圧殺するという芸も何もない攻撃方法でこれを撃破。随分勇ましい進水式となってしまった。まあそういう用途の船だからこれはゲンが良いと見るべきだろうか。

ビスケー湾で不覚を受けた相手の片割れに予期せず報復を機会を得、これをモノにできた。後一人仕留めればとりあえずの目標はカタがつく。これが終わったら次は何をしようか。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/370-8a982523
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。