上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.06 陸戦革命
10月5日。CP4が始まったわけだが俺は例によってKonozamaなので、今日も泣きながら杖テクなどを鍛錬していた。どうにか杖の3系統ともR4を習得可能なレベルまでテクニックを鍛錬し終えたのでこれからテクニック集めである。フェイントR4はレアPOPからしか習得できないようなので先が思いやられる・・・。半日では済まないかもしれないな。だが、これさえ片付けばテクニック補充は5秒に至る。おそらく今後、テクニック補充時間の短縮はこれまで以上の意味をもつ重要ステータスになりうるので頑張って仕上げるとしますかね。

今回のアップデートで、新実装された船や16門レシピなどの話題の影に隠れて気づいていない人も多いだろうが、陸戦用アイテムに重要な変更が行われている。

確認がとれただけでも、

メデューサの呪薬 AP120 > AP150
     陶酔の酒 AP 80 > AP100
デュオニソスの酒 AP100 > AP120

と、酒、石化系アイテムの使用コストが大幅に増加している。おそらくは泥酔の酒も使用コストが上がっているだろう。あと、デュオニソスの酒の再使用時間が68.5秒に変更されている。(前仕様から+20秒)これもおそらく酒全体に対して行われた修正であると思われる。ちなみにトリカブトの麻酔薬は変更なし。確実性に劣る故のお目こぼしだろうか。あとは医神の神薬が回復量350に上昇し、コスト据え置きが目立ったところか。(暫時回復も強化されているはずだが未調査)

・・・陸戦を十分に鍛え、対人戦の経験を積んだ方なら事の重大さが直ぐ分かるはずの大幅修正である。

行動力MAXでの陸戦開幕時APは100。戦闘職の1秒毎AP回復は4、他は3。全職とも攻撃時/被攻撃命中時にAP3(4だったっけ?)回復。交易職はアイテム使用コストが25%カット。

この基本仕様に照らし合わせると、交易職以外は開幕時にディオ酒が使用できなくなった。また、ディオ酒の使用コストが120、効果時間が22秒。陶酔の酒の使用コストが100、効果時間が16秒であることから、それぞれを使用した場合、AP自然回復が追い付かなくなっている。結論として交易職以外では酒の2種類連携が困難になったということだ。また、石化の使用コストが莫大なため、これを使用したあとのチェインラッシュもAPが持たない可能性が高い。既存戦術が根底から覆されたといっても良いだろう。

すでに対応策は数手考案したが、いきなりキツい変更である。前仕様に最適化した戦術、テク構成に仕上げている人たちはかなり大変なことになるのではないだろうか。まあダンジョンなんかは何も変わらないだろうが。

まったくやれやれだね。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/323-8934d8f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。