上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表題は俺が海賊としてこれまでやってきた上での基本的な方針である。
仕事に用いる船の選択、狙う海域や航路の選定、他色々。要するに天邪鬼なのである。
甲板戦についても然り。模擬、大海戦で合意制に移行する以上これを鍛えるものは減るであろう。
職業海賊及び賞金稼ぎなど、実戦派軍人以外はわざわざ面倒な陸戦修行などはするまい。つまり陸戦のエキスパートになれば危険海域における戦闘で今後も有利であることは疑いないのである。


公式の発表を見た結果、かような考えに至ったので遊撃隊士に転職、投てき術の訓練を開始した。
応用剣術、狙撃術はすでに習得しておりテクニックの総数も37程になる。せっかくだから武芸百般でも気取ってやろうというわけだ。


公式BBSの軍人スレを眺める限り、甲板戦は全ての対人戦闘を嗜むものより忌避されるものであるような論調の投稿が散見される。まあなんだ、不満がないから黙っているという層がいることをコーエーには承知しておいて頂きたいと思う。
・・・実戦の場において甲板戦の選択肢を残してくれたことをとりあえずは喜びたい。模擬、大海戦のようにスポーツライクな戦闘においては合意制も大変結構。しかし危険海域での戦闘においては海軍要請書、略奪命令書のようなアイテムの使用さえも容認される世界であるのだから、甲板戦の合意制などといったヌルい仕様は勘弁願いたいものだ。甲板障壁といったスキルが実装される以上そこらへんも含めての軍艦設計の妙であると思うのである。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/289-70143fa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。