上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判定関連(精査を要する事柄)

船体中央を10として船尾7、船首5のダメージ補正比率?
ミートポイントを外すと成立せず?
旋回中は判定無し、大旋回途中の一旦停止時は判定有り?
敵艦の装甲値に影響される?浸水時に効果増?
コンボ判定あり?(特に自艦の砲撃着弾時に重ねてヒットさせた場合の精査を要す)

※動画録画による分析か協力者によるシミュレートを予定


運用関連(実戦において収集されたデータ)
最大戦速における中型帆船での船体中央ヒット時の最大ダメージは350、大型帆船では580を確認
ガレーにおいては-18ヴェネガレは装甲戦列に対し1000、-10タキガレでは870を確認(いずれも強化衝角あり)
ヒット時の旋回先入力により白兵回避は任意で可能、技術として確立済

中型においては溜めキャノンからの自力連携による横撃にて大型フリゲ、重フリゲの撃沈を確認。距離、進行方向、速度差など狙えるシチュエーションが限定されるため初見相手への奇襲程度の期待度

いやしかしなかなかに難しい。Zephyrosサーバで十指に入るラムの使い手くらいにはなりたいものだ。ほぼ独学で身につけたものだけに、これを極めてみたいという気持ちは強い。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/256-3334cc75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。