上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々から構想していた通りの設計にてロイヤルフリゲートを2隻完成させた。
まあ、『蒼』のほうは少し前から実戦配備しており使い勝手を試した上での2隻目建造だったのだが。
ともあれ今回の造船を引き受けてくれた二人の造船匠に深く御礼申し上げます。

今回建造した2隻の基本仕様は同じ-18%の減量タイプ。ポルトガルカラーとヴェネチアカラーにて建造した。

青い船体の『Perpetual Blue』は重量砲撃を搭載したオーソドックスな砲撃戦/追跡戦仕様。
赤い船体の『Lord of Vermilion』にはちょっと変わった武装を施した。これの内容はまだ秘密であるがそのうちこの船で戦った記事を書ける機会もあるだろう。

しかし恐ろしく高い船だ・・・・。最近の新造艦はどれもこれもえらく値が張るから実験的な武装を施すのが冒険すぎて困る。専用艦によるカスタムは実に面白いのだが、色々と試すには大商人クラスの資産がないと厳しい。しかしあれこれしたいのはもっぱら軍人なんでなかろうか?やれやれだ、世の中ままならないものだね。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/208-14c691b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。