上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cp2が来て、大型ガレオンに急加速がついた。前から期待していた船なので早速設計に着手。

素体の能力として、
・装甲値が33、船員135名搭載可能であり、高速ケベックを遥かに上回る堅牢性
・砲スロットは側砲4、船首1船尾1、14門砲を4機、特殊弾系の船首船尾砲をMAX搭載可能

高速ケベックと比較すると逆風での航行性能に弱点を持つ代わり、純然たる戦闘能力は歴然の差。ガレオン級の特性として出航直後や戦闘開始直後の初速性能に秀でるといった点も私掠船として考えるに魅力的である。

シーダーで作れば耐久は約640、オークならば810。急加速の効果でどこまで航行性能を上積みできるかは試してみないと分からないところだ。素の装甲値が高いので600でも、とも思わなくもないが、重ガレオン級の私掠船を相手にするにはやや脆いか。沖合いで活動する武装大型スクーナーを順風で捕捉できる程度の速力は欲しいが、これは運用テストを行わないことには分からないだろう。

コンセプトは大型スクーナー系を捕捉しうる航行能力を備え、交戦に当たってはこれを問題にしない戦闘力を持つ船、である。かなり要求が厳しい気がするが、運用する海域や装備の選定によっては可能であると見る。

ということで当商会の何でも作れる美人航海者の人にオーク製、-18%で建造を依頼。良く念押ししないと銅で作りかねないのでおっかなびっくり発注したが、まんまとオークで納品されて一安心。たまには言うこと聞いてくれる模様。

とりあえずアガラス沖で順風というロケーションにおいてフルリグド5枚つけた商大クリッパーと直線で速度比較、ほぼ互角という結果を得た。シーダー製であれば追い抜けたであろう手応えであったので、素材については一考の余地ありである。

試作した大型ガレオンについては、高速ケベック『Clusing Wolf』の後を継ぐものとして『Wolfish Gallop』と命名。当面はぽんきっき活動にて運用テスト予定。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/192-79a28bc3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。