上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ヶ月前に襲ったポルトガル商船の船長より届いた挑戦メッセージ。

『今何処にいるんですか?きっちり責任とってもらいますから』

聞きようによっては大変恐ろしい文面である。相手が小娘キャラクターであることを余人に知られてはまたまた格好のいじられネタになりかねないので秘密にしておこう。

ともあれ先方はリスボン発の定期船に乗って30分後にはケープに到着する見込み。相手をすると決めた以上、手を抜いては失礼だろう。入念に用意を整えることにした。3ヶ月といった時間は子猫が大虎に変わるに足りる。あちらから挑んできたということは相応の自信があってのことであろう。


高速ケベックからロワイヤルに乗り換え、ケープ付近のNPCを適当に襲って練度、忠誠度を100に。武装は取っておきの高貫通名匠キャノン70門に軽量鉄板、メインステイスル3枚にガルーダ、船首エンジェルをチョイス。個人装備も携行している中で最も良いものを身に付けた。

酒場で一杯やりながら先方の到着を待つ。程なく定期船から下船してきた『3ヶ月』がこちらに駆け寄ってきた。

『お待たせしました』
『そちらの合図で出る。用意が出来たら言ってくれ』

会話の最中に人物情報、船情報を確認。海事54の砲術家、フル耐久の戦列艦、ね。スキルの仕上がりは一当たりしてみなくては分からないな。スキル完全カンストの砲術家を想定して戦うようにしよう、侮ると大火傷するかも知れぬ。

・・『3ヶ月』との会話の端々から満を持してやってきました、という雰囲気が滲んでいた。油断なく、持てる戦術を余さず駆使して眼前の『強敵』を打倒するべく思考が冷えていく。

『出ました』
『了解だ』

ケープ西の沖合いに出た。
『では、3ヶ月目の約束をお受けしようか。参る!』
交戦開始!

水平弾道漕船を発動、まずは敵の出方を見るためにじっくりと寄せていく。敵艦のスキル発動は水平、弾道、速射。砲術家らしいチョイスである。横から距離を詰めてキャノン発射。ここで敵艦は重量砲撃を発動。撃ち合う弾種を見る限り2連弾なのだが恐らくキャノンとカロネの混合装備なのだろう。
脚を奪われつつもこちらも接舷を発動、強引に白兵戦に持ち込んだ。砲撃ダメージはかなり痛い、恐らく砲撃スキルは完成の域にある。撃ち合いに付き合っていては分が悪い、白兵戦で一気にケリをつけてやる!

『いくぞ』
ロワイヤルの凶悪な白兵能力が敵の戦列艦を蹂躙する。が、2ターン目の突撃を食らわせたところで敵は撤退に成功。修理、外科に追われている敵艦を追撃、横撃で痛めつけつつさらに白兵戦を仕掛けた。
ここでも2ターン目で撤退されてしまうが敵の船員と耐久に大打撃を与えることに成功。ここが勝負所だ、畳み掛けてやる!

『散れ』

外科と修理の対応に手一杯になった敵艦に併走して横からキャノンを叩き込み続ける。懸命の修理もやがて途絶え、『3ヶ月』の戦列艦は沈んでいった・・・。

ふう、なんとか面目は保てたか。しかしやはりというべきか、しっかりスキルは鍛えてきたようだ。だがそれだけでは足りない。
そしてケープに戻り、共になんとなく酒場に。

『急ごしらえにしては良く持ちこたえた。褒めてやる』
『イキナリの申し出を受けてもらえて嬉しかったですよ』
『いや、かまわんさ』
『次は中の修行をしっかりして沈めますよ^-^』
怖い怖い・・・

『ま、達者でな』
『しょんぼり』
『1:1は船と装備の差が大きいが、ここが互角なら操作量と正確さが勝負だ。混乱の回復が遅いぞ』
『キィィィィィィィィィ』
『ショートカットに統率を入れておけ』
『ちがっばかっ!入ってるんですよ!』
『そしてすぐ入力できるように慣れておけw』
『スキルも装備も最高まで上げてきたけどそういうのだけ間に合わなかったから』

『余計ムカツクンですよ!』
『(知らねえよそんなこと;)道理で砲撃がかなり痛いと思ったぜ』
『死ぬ気でやりましたよ』
おっかねえなあ(嘆)えらいのに目をつけられてしまった・・・。

『アアアアアアア悔しいッッ。覚えてろっ。キィィィィィィィィィ』
『(やれやれだ・・・)3ヶ月前の約束も覚えていた。次もきっと覚えておく』
『次はバトルキャンペーンで勝負だっ!』
『しかし付け焼刃かと思ったが短期間でよく鍛えたものだ』
『次は勝ちますよ』
『まあきっちり日記に書いておいてやろうw』
『××××!』
『下品な子だなあ。もっとエレガントにいけエレガントに。英国私掠は紳士なのだぞ』
『ポルトガルでは粗暴こそが紳士』
『嫌な国だなオイ』
『いつか踏み踏みしてやる』
『はいはい。次も頭なでてやるよ』

かくして粗暴なポルトガル紳士(淑女か?)との勝負はかような結果と相成ったのであった。どうやらすっかり宿敵認定されてしまったようで先が思いやられる。この前のポルトガル女海賊といい、ポルトガル女性との相性はどうも宜しくないらしい・・・。くらばらくわばら。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/162-e2436664
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。