上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちっと早めに回ってきた大海戦、今度はホルムズが戦場だ。

立地的には前回のディヴと大きく変わらないかもしれない。ポルトガルとしては捲土重来、次こそはの思いも強いであろう。受けて立つイングランドとしては堂々これを迎え撃ち、彼らの意図を挫かねばならぬ。

俺の大好きな提督の言葉を借りれば、

『諸君、これから戦闘が始まる。ろくでもない戦いだが、それだけに勝たねば意味がない。勝つための算段は出来ているから無理せず気楽にやってくれ。かかっているのはたかだたホルムズの影響度だ。個人の娯楽と自由に比べれば大して価値のあるものじゃない。』

といったところか。実のところ艦隊編成もまだなので上のはかなり嘘が入ってるわけだが。
今回はできればペア艦隊ではなく20隻からなるカルテット艦隊での出撃を目論んでいたりする。
NPCをペアで狩りにくる連中さえも4個艦隊で分断して各個撃破だぜフハハハ的なことを考えているわけだ。そう上手くいくわけあるか?ごもっともだね。(苦笑

つうわけで当艦隊は戦闘海域を自由に移動しつつ敵(PC、NPC問わず)を狩る遊撃戦術を採っている。来るホルムズ防衛戦においてカルテット出撃を実現すべく、当艦隊では対人戦闘でもやる気をみせるENGプレイヤーの参加を募集しようかな、なんて思っていたりする。

一応海戦期間中の方針を書いておくと、大型戦終了時は戦闘中でも速やかに撤収を開始、拠点への帰還を行う。港に戻って艦隊を解散するまでは艦隊参加メンバーによる海賊行為を認めない。自国ブイ隊の撤収が難航している場合(対戦国、第三勢力による海賊行為などで)、可能な範囲で撤収を支援する。といったところだ。

最も簡単なのはどこかのペア艦隊と共同作戦を行うことなんだろうけどな。一緒にやろうぜ的なところがあったら声かけてくれると嬉しい。まあ週末も楽しくやろう。ポルトガルの面々もな。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/142-02f53f86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。