上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの快勝。
やや、が取れた優勢判定で終ったのはここ最近見ていなかったからな。

今回呼びかけに応じて集まってくれたメンバーは過去最大数で、知り合いだけで初めてペア艦隊を編成することが出来た。
模擬戦に積極参加している軍人はたった1名。対人戦闘とは縁遠いメンバーがほとんどであったが、2日目の勝利ポイントは80を超え、戦功100に手が掛かったメンバーもいた。(ちなみにこの日敵に献上した勝利ポイントはNPCに援軍入りした1回だけである)

事前の十分な打ち合わせと息のあった連携を実現できれば、いわゆる『精鋭艦隊』といわれるような模擬慣れした軍人艦隊などでなくともこれだけの働きをすることはできる。そう確信できた一戦であった。

また、3日目にポルトガルが披露してみせた青ゾーン戦術は洗練の極みにある。我々イングランドが実践していたそれと比べても完成度の高い代物で、ペア分断に成功した事例は少なかったように思う。

ただ個人的な意見だが、あれは勝つための戦術ではなくて被害を抑えるための戦術であるので、傷口を小さくするまでの効果しか見込めない上やっているほうは悲壮感が漂う。攻め手としては戦闘にあぶれる艦隊が多数出るし、守り手としては自由戦闘に移れないのでストレスが溜まるという手なんだよな。

正直ペルシャ湾みたいな上陸地点や港の多いところに2日目以降、2,3隻艦隊を多数投入してNPC狩りをやられたらたまったもんじゃなかった、と思う。3日目のペルシャ湾の状況は良く分からないが。

また時間が取れるときにでも情報を集めて今回の海戦の推移を分析してみようかな。

ともあれ今回参加してくれたメンバー、手厚い支援で送り出してくれた生産者の方々、情報チャットなどを仕切ってくれた会議関係者の方々、心強い連盟軍として参戦して頂けたヴェネチアの方々全員に深く御礼申し上げる。

また次の機会も楽しくやろう。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/137-06ec34a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。