上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大海戦の告知がきやがった。とりあえず訓練に入る必要があるのでマニュアルの執筆は今回を以って一時中断する。大海戦回避ないし海戦後に仕上げていくつもりだ。

今回は戦闘中の操艦のコツや、スキル、アイテムを素早く使用するための細かいテクニックを紹介していくぜ。
先ずカスタムスロット(以下CSと呼ぶ)の設定からだ。最初にやることは、ショートカット登録。F8でCSが呼び出せるように直すんだ。それからカスタムスロット登録。F8には修理をいれること。それとF5には外科だ。どっちも画面右上のシステムから設定できる。

F8を押しっぱなしにしておくと修理が連打される。(キーボードの仕様でならないのもある。泣け。)んで、洋上戦での修理は耐久が満タンの時でも開きっぱなしにならない。だから艦隊戦で特にやることがない移動中でもF8は押しっぱなしにしとくといいぞ。不意に味方がピンチになった時凄い速さで直してやれる。

F5に外科をいれる理由は、マウスでCSを開けてみると分かる。マウスカーソルの位置がそのままCSのF5に重なってるだろ?F5キーを連打しながらマウスを連打することで外科連打が可能になるわけさ。ズレないようにマウスを連打するには慣れがいるが、身につけて損するテクじゃねえ。戦闘終了時に外科を6連続でいれることだって出来るんだぜ。

これ以外は好みになってくるんだが、使用率、緊急性の高い回復アイテムをいれておくのがベターだ。必ず入れておきたいのは以下。

手桶、予備帆、予備舵、統率(沈静の旗)、任意の行動力回復用料理。

1枠余るが、撤退の鐘とか機雷がポピュラーだと思う。設定したら、これを指先を見ないでも押せるように普段の海事から訓練しておくんだ。いざってときにもたもたしてたら間に合わないぞ。何事も普段からの訓練がモノを言うんだぜ。

あと、ctrl+Wでアイテムウインドウ、ctrl+Qでスキルウインドウが開く。消火砂だとか使用頻度の低い奴はこっちから使うといい。左手だけで呼び出せるから、慣れればかなり早く使えるようになれる。スキル構成が変わるとウインドウの配置が変わるから、訓練しておかないとよく操作に戸惑う。スキルの出し入れが頻繁な奴は要注意だ。

CSとクイック操作のコツは以上。

洋上船での操艦はマウスやカーソルキーでやるんだが、俺はマウスを使う派だ。大部分がそうじゃねえかな。んで、砲撃もマウスでやれるんだが、これに関してはエンターキーでの砲撃入力を薦めたい。
ミスクリしちまうと思いがけない方向に旋回しちまって致命的なスキを見せたりするんだよな。それに、狙い定めてクリティカルを取りに行く時なんかはキー操作のほうがやりやすいぞ。個人差はあると思うが、試してみてくれ。
もちろんケースバイケースってのはあるぞ。左手でCS開けて状態回復しながらも砲撃の手を休めるわけにいかないときはマウスで撃つのが当たり前だ。

以下はちょっとした操艦のコツ。まめちしき、って奴だが、ベテランほどこういうモノを意識しないでやってるもんだ。覚えておいて損はしねえ。

・急旋回したいときは操舵入力を行ったあとに帆を落とせ。DELキーかマウスでいける。これをやると旋回半径を小さく出来る。素早く曲がれるってこった。曲がった後に帆上げるの忘れるなよ。INSキーだ。ベテラン軍人はこれを使いこなす。操舵スキルを誤魔化せる必殺ターンってところだ。

・操舵入力は大きな角度を切ると舵の効き始めが遅い。小さい角度なら素早く反応するぞ。大きく曲がりたいときは最初に30度くらいちょろっと切って、舵が効き始めてから曲がりたいところまで舵を回すってな技術がある。ただし、舵が効き始める前に慌てて追加入力をやると、舵の効きがもっと遅くなる。無意味どころかマイナスだ。この感覚は練習でつかんでくれ。
07年2月19日追記
旋回速度を得るためには逆に最初に大きく切り、頭が動き出してから必要な角度に入力し直す、あるいは逆に切ることでノータイムでの蛇行ができたりする。舵の効き始めが遅いため、先読みが必要になるから技術的には難しい。モノにできればクリティカルチャンスは増えるだろう。

・風向きは常に意識すること。ガレオンだとか戦列艦は向かい風になるとめちゃめちゃ遅くなるからな。向かい風でも斜めから受ければ推進力は働く。横風を上手に捕まえろ。

・舵を切るたび速力は落ちる。無駄な旋回は避けろ。

とりあえず今回はここまで。俺も演習しないとやべえな。
Secret

TrackBackURL
→http://hunyairu.blog79.fc2.com/tb.php/12-3df90352
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。