上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.13 ドサ日記
商人もする南蛮といふものを無頼もしてみむとしてするなり。

と言うわけで延々とやり続けてきたトロいぢめに少々飽きたのでふらりと交易職に転職して南蛮交易などをしている状況。もちろん交易用の船に持ち合わせなどあるはずも無し、と思ったら大昔に海賊用として建造した台湾船を交易用として改装したものがまだ在ったので今回もそれを使っている。なんだかんだで東アジアから欧州まで片道1時間で走れるのだから、骨董品の癖にやるものである。実際5スロで130人以上乗せられるから、外洋で張ってるようなクリッパー系海賊とかは充分撃退可能だったんだよなこれでも。

前回のイベントで副官の交易レベルが78まで上昇していたのでついでにグランアンフリュートを建造した。今後海賊としてのカムバックがあるかどうかは現時点で未定であるが、まあそういうコトがあっても間に合うように側砲スロを付与。斬り込み防止網に夜戦鉄装材を加え耐久1250台をキープ。支援砲台としても運用可能な最低限の機能は用意した、というところ。専用艦スキルには甲板障壁を付与してみた。以前甲板障壁の導入について検討中なる記事を書いたところ、副官船に付与して戦闘時召還することで効果を得られるといったコメントが寄せられていたのを覚えていたのである。この事案については自前での検証がまだなので、機会を見て甲板戦突入を妨害する効果と甲板戦突入時の攻防数値変動効果が現れるか確認するつもりである。

大容量を確保できたので早速3回ばかり南蛮交易をやってみたのだが、フランスはぶっちゃけ条件悪いなという感想。最大価格がつく交易品の落としどころがやたらと距離が離れていたり、領地が少なかったり、同盟港がなくて影響度だけ持ってる感じだったり。相場が悪いと不良在庫化して回転率が悪化しそうな条件ばかり目に付くのだな。だがこれはおそらく俺の経験、力量の不足なのだろうなあと。それに難しい=つまらないってことじゃないんだよね。工夫のし甲斐があると言えばそういうコトな訳でさ。普段やらないことをたまにやってみるのはプレイヤーとしての視野を広げることに繋がる訳で、これはこれで悪く無いと思っている。

ここんとこどうも戦闘に対する意欲が減退している感。・・・戦闘をする前は極力理性的であろうと努めてはいるが、いざ戦うとノリと直感を何より優先する傾向がある俺だけに、気分が乗らないというのは戦闘能力が激減している状態なのを自覚しちゃうんだよねえ。南蛮始めて見たのは気分転換的意味合いがメインなのである。そのうち某つっきー辺りにくっついていってどこかの模擬にでも参加してみようか。
スポンサーサイト
蒸気機関がもうすぐ出ようという状況にも関わらず予定していた将官用ラ・レアルを建造。司令塔、白兵戦迎撃、直撃阻止、漕船補助を付与し、専用艦枠で強化衝角を付けてみた。蒸気機関が俺の予想通り専用艦で付与できるなら、速度と旋回強化が強化衝角とバーターということになるか。速度と旋回の向上と強化衝角ならば引き替えとしてもおそらくラムダメージはマイナスとはならないだろうという希望的観測が込められている訳だが。

19.99%増量。耐久は1266止まりだが旋回20、装甲44、帆は縦横最大と出来た。ラム戦闘において警戒すべき敵手の混乱白兵コーヴァス吸い込みに対し、最大限の防備を施し、助走を付けての大打撃&急旋回からの掠め当ての両方を狙える機動力、突進力を目指した設計である。まあそのうち外洋に持ち出してみる予定。アプデ以降の色々を見てから他の船も作るつもりだが、はてさて幾ら掛かることやら。

とりあえずアプデに備えて最近はいつものようにトロをいぢめながら兵器技術、銃撃、海事レベルを強化中。現在海事83Lv、銃撃と兵器技術は遠からず12に。海事Lv85までにどちらもR13に至るんじゃないかな。その先の強化はまあ、必要に応じて取り組むことになるか。二丁拳銃はこう、トキメキを感じるので銃撃は場合によってはR15まで頑張るかも知れない。

ところで今年はエイプリルフールのネタを用意しつつもタイマー設定ミスって発動し損ねた。

タイトルをとある無頼のポエム☆に変えて超キラキラなポエムをいくつか書いて一日記事として出すつもりだったのだが。来年までお蔵入りである。残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。