上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩の紳士は最高だった。
災害対策グッズから頭痛薬、非戦断簡ときて、冒険教導書。否応もなく高まる期待。きっと誰もが思っていただろう。

『今夜は海事教導書か交易教導書のどちらかだ。全キャラで貰わないと・・・』と。

そして訪れる零時。各港の紳士前には期待感に目を輝かせた航海者たちが群がって・・・時間だ!我先にと押し寄せてくる航海者たちに紳士が手渡したもの、それは・・・

『ミケネコ』

ミケネコwwwwミwwケwwwネwwwコwwwwwwwwなぜwwwどうしwwwてwwww猫wwwなのwwwねえwwww

ニヤリどころじゃなくて大うけでした。やるなコーエー。遊び心というのが分かってきたな。俺こういうセンス大好き。
今夜あたりで猫の餌でも配ったら、きっと厨房共が発狂しまくるに違いない。想像しただけでもメシウマなので是非やって頂きたい。でも3日目はぜったいに許さない。ぜったいにだ。

追記:こんだけ大量の猫を配った以上、俺のアパルタメントを猫屋敷に出来るアップデートが来るんだろうな?自宅に帰ると猫まみれで癒される空間が!素敵!

信じてるからなコーエー。裏切るなよ。
ちなみにトリ派です。

スポンサーサイト
別にマグロを釣ってる訳じゃなくて赤トロの話なんだけどな。
防具鍛錬具を10個買うとかミノたん握手券を200枚買うとか風霊を1399個揃えるとかいう豪快な買い物をしたので金蔵が3つ空っぽに。これを再び埋めるべくゴリゴリと赤トロ狩りをする事5日、とりあえず1.3Gほどの現金と2000枚あまりの勲功記、大ストームセイルが4本、夜戦木は捨てるくらい、賢者のモクモクは20個くらいかな。あと狩り方を変えたせいだろう、名工を全く消費せず、たまる一方になったのでこれも適度に売っている。

白兵スキルは錬成剣術が13、戦術も13に上昇。戦術に関しては14がゲスト赤トロ期間内には少々厳しいペース。だがまあ年内の戦術錬成は目途が立ったか。結局幽霊船に一度も頼ることなくここまで来てしまった。相当に奇特かも知れん。

赤トロが終わったらアプデ情報次第ということになるが、当面不思議な黄金集めという方針。次から次へと課題があるというのはある意味幸せな話か。まあ俺は戦闘種族じゃないので常に対人してないと飽きて死んでしまうような病気は持ってないからいいんだが。
休日を利用して3時間ほど万能秘書の錬金上げに集中。計画は立ててあった。我が万能秘書は出自がイングランドであるのでロンドンの紙が買える。これは結構なアドバンテージなのだな。

1.共有倉庫を2つロンドンに設定し、アムスで洋書を買いロンドンの紙で稀少書に換える作業を行い、稀少書を4kくらい積み上げる
2.セビリア-ロンドンを2往復し水銀をロンドンに4kくらい積み上げる
3.そこら辺の商館で交易品の金を100個くらい買う
4.ジョン・ディーん家に押しかけて錬金術R12レシピの『錬金術の進化』をひたすらやる。

装備と教導書でフルブーストが必要だが見返りは大きいはずだ。スキルランク8になるまでは大きな熟練プラス補正が掛かってる今、雷神を併用すれば良い所まで行くだろうと予想していた。結果は思った通り1ルーチンで錬金術R5>8に成長。少々お釣りが出たくらいかな。カテ1とカテ2を消費するが比較的お手軽にこなせるので暇を見て10までちまちまやるのもありか。

思ったより楽に事が運んだのでメインで赤トロを少々嗜み休憩。戻ってきたらZephyrosサーバ時代に親交が在ったフレからTELが来ていた。実に2年ぶりくらいの連絡かな?ガナ会場で久々に会ったのだが何かをくれるというので先方が待つアムスへ移動。大変な頂き物をしてしまった。実用品なので、外洋に出た際にはきっと常時身に着けるだろう。荒事で使う以上大事にとは言えないが、メンテに気を使って末永く使わせてもらうと約束。しかし休止以来何年も連絡が途絶えていたが、未だ気に掛けてくれているのだなあ。ありがたいことだ。

とりあえず赤トロ週間は白兵スキル鍛錬に集中し、(ちわわ訓練会には顔を出す予定だが)アプデに備えて資金を蓄えておこうと思う。・・・今道具屋で新しく売り出されたなんとかの観察術、ダンジョンで隠し通路の発見率があがるという話のアレだが、このタイミングでそんなものが投入されたということはプンプン臭う。恐らくだが、ラビリントスで使用するとミノたんの待つエリアに高確率で入れるのではなかろうか。オリハルコンを今のうちに貯めておく、もしくはそのための用意をしなさいねという運営からの計らいであると見た。

とりあえず的外れな危険もあるので200個だけ買い揃えておこうと思っている。まあそんだけ揃えてPTで行けば、ブツが睨んだ通りのものであれば十分な数が拾えるだろうしね。
表題は当然トロンプの話である。間違いなく大勢の同意を得られる自信があるね、うん。

さて、イベント明けに間髪入れず赤トロが来てしまったので東アフリカからとんぼ返りしてリスボン入り。例によってここを拠点に司令部籠りの2週間、となるかな?例のお高い仮面を買うための資金稼ぎと戦術の錬成に向けての訓練に入ろうと思う。ヴァイキングイベントで得た雷神を贅沢に投入して進める所存である。とりあえず2時間やってみたら戦術12で熟練が1800ほど入ったかな?戦術14まで射程に入る手ごたえだ。風神のハズレも活かせるし大変結構。

しかし赤トロだけに構っている訳にも行かない。焦眉の急と言えるのが錬金術上げだ。今まさに超特大のウェーブ到来中で、スキルランク8まででっかい熟練補正がかかるのでこの機会を逃すわけにいかない。サブキャラの万能秘書は錬金5、必要に応じてブーストで10は無理なく行けるから余り必要性を感じてなかったのだが・・・。アプデの変性錬金は装備や船部品に革命を引き起こす予感がある。とは言え所詮リーマンプレイヤーだしな。我先に、みたいなつもりは無いがほとんど実験道具とか材料のストックがないのは少々心許ない。スキル鍛錬を兼ねて環境整備をしておこうと思う。こちらは8月4日までだから優先順位が高い。休日を利用して着手の予定。

なかなかやることが尽きないねェ。

2015.07.21 イベント明け
20日の夜、ヴァイキングの食べ放題も最後の一夜。気合を入れて最後の出撃に臨み箱を125個ふんだくってロンドンへ帰還。
航海記がなんと36個、これはもしや波が来たか?すべて航海者のお守りに換え、カスタムスロットF8にセットして、目を瞑りながオール開封。さあどうだ!




風神30個。最後の最後で大勝利であった。

トータル80余の確保に成功。始める前は2個だったわけで、大いに実のあるイベントとなった。白兵スキルもいい感じに成長し、戦術10から始めて気が付くと12まで@2000。剣術も13まであと5000ほどか。赤トロがゲストで来れば追い込みを掛けられそうな感じだね。年内に戦術の錬成化も可能なレベルに来たかな?

次に赤トロが来たらちょっと大きい買い物と、ソレイユロワイヤルの建造をしようと思っている。速度性能に偏重した高火力高速艦としてレイジードフリゲートを保有しているが、大海戦や対武装海賊、賞金稼ぎとの遭遇戦、追跡戦を想定した高耐久の速度重視型戦闘艦をデザインしようと思っているのだな。もうちょっとタフな戦闘に投入できるような奴が欲しいのである。風神を使って戦うことを前提とするので公用装材で行こうという考えだね。例によって課金系部品は使うつもりが無く、庶民系設計で高い船をやっつける予定。
良く見たら今回の海戦はポルトガル対ネーデルランドだった。対戦国を勘違いするとか、この時点で全く関心がないのが丸分かりだなあ。

さてあれから箱を110個さらに獲得し航海記を19個獲得。・・・なんか確率下がってるような?まあコーエー乱数のブレだろうな多分。んで空けてみたが肝心の風神が4個。風王が2個。あとはほとんど雷神と海神、ちょっぴり炎神といった内容。うーん渋い!風神の保有数が20個にはなったが100個まではなかなか遠いね。ターゲットを絞って追いかける時くらいしか使う場面があまり浮かばないが、ある程度集めてはおきたい。

ちなみに自分が逃走する際の使用は全然想定していない。それぞれ400近く在庫している非戦断簡とか天馬を使った方が安全確実。もし俺が倒されるとしたら、完全に不意打ちされるか、罠を踏み抜いて戦闘中に援軍入りされて潰されるか、或いは狩ろうと仕掛けた相手が実は軍船で返り討ちされるか。・・・可能性としては最後のが一番ありそうだが。最近の船は商船なのか軍船なのか、遠目にわかりにくい船多いんだよねえ。グランアンフリュートとか。

しかし炎神とか炎王のハズレ感は凄まじいものがあるな。これらは流石に売れると思えないが、海神と雷神がそこそこ出ているので風神と交換できると良いのだけど。
今回フランスは蚊帳の外なのでフリー参加OK、で良いんだよな確か。ヴェネチア対ポルトガルとなると、正直どっちに対しても全く思い入れが無い俺としてはちわわ参戦も考えた。考えたが、ヴァイキング食べ放題を優先しようかなという感じ。正直な所、盟友バナナ男がDOLに来てないので大海戦参加の強い動機が無いんだよな。

とりあえず航海者のお守りNo2を20個ほど獲ってきて開けた結果は風神10、雷神14、海神8、あと細々。これ頑張れば風神100個集まるんじゃね?雷神、海神は換金するなり風神との交換を図るなりすれば良いか。戦術の錬成化と剣術上げを兼ねて週末はもうひと踏ん張りといくかねえ。

ところで新アプデの情報に変性錬金なるものがあったが、こう、グッとくるね!属性付与とからしい感じでいいじゃないか。あのつまらないラビュリントスに潜る動機が生まれるわけか、サイコーだなカッデム。もうちょい牛さんとの遭遇率上げてほしいのと単調なのを改善してくれないと盛り上がらないぞー、すごく期待してるからそこら辺も考えてくれよマジで。ホント期待してるから。
ばっさばっさとヴァイキングを食い散らかして奪ったならずものの宝箱も1000個に及び、どうにかヴァイキングの航海記を200ため込むことに成功。当面は充分な数である。この間、秘宝は大体10個くらい出ているんだが全くおされ装備には興味が沸かないタチであるため商会員に全部メール便で送っている。ぶっちゃけその辺掘って出たヴァイキング系鎧を納めりゃいいんだろうから手に入れてる奴は手に入れているだろう。よってさほど高値もつくまい。

ともあれこの先取れた航海記は全部航海者のお守りNo2に換える予定。そのまま売ってもいいし、空けて風王、風神のみ確保して他は売るとしてもいいだろう。まだ日数はあるから100や200は手に入るんじゃないかな。飽きが来なければだが。収奪系イベントを本腰入れてやったのは久しぶりな気がする。収奪も12>13、錬成突撃が14>15に上昇し、錬成剣術も11>12が間近の状態。良い感じに力を付けることも出来たかな。

あっちこっちで秘宝が出ない、出てもガラクタしか出ないと悲鳴が聞こえてくるが俺的にはまるで問題無い。むしろ航海記の出現率が下がって秘宝が出やすくなったりすると大迷惑なのである。14日辺りでその辺の確率を弄ってきそうな気がするからまあ、200ため込むのが間に合って良かったかな?どう転ぶかは分からないが。
昨日フランス茶室でE鯖フランスがイスパに地中海最後の同盟港(なのか?)カルヴィまで攻められて苦しんでいる弱者救済の為に力を貸そうじゃないか的発言を目にした訳である。

E鯖フランス民よ。こんなこと言われてるぜ?別にEフランスの使者が救援要請に来たわけじゃねえから、ちょっとばかり名誉欲の旺盛な多垢投資家がアジってるだけだと俺は認識したが。まあ好きにしたらいいとも思う訳だが、流石に味方の投資家が余所鯖の同国投資家から弱者救済の為とまで憐れんでお恵みを頂いた日には俺なら速攻亡命だな。

所詮ゲーム。しかし張り続けたいメンツって誰にでもあると思う訳だ。そこに土足で踏み込んではいかんだろう、俺はそう思うのだ。
発端はある日の商会チャット。日曜日の猛犬模擬で強化フルリグドと最大貫通でない名キャと特大ラムとファフ像が深刻なダメージを負ってしまったので女帝オンラインをしていた。強化フル以外別に買えばいいじゃんと思うけど、どうせ直せるなら再利用できるレベルまで直したい。いやそんなケチな話はいいんだが。

商会メンは艦隊を組んでヴァイキング艦隊を狩っているらしく、賑やかな会話が聞こえてきていた。俺は女帝が引けずにションボリーヌな感じでAbyss&Darkでアイテムハントなどに勤しんでいたのだが、ふと気になる会話を拾った。ヴァイキングの航海記というアイテムを集めると景品交換できるが、これは単体でも1時間航行速度を30%上げる効果があるのだとか。

なん・・・だと・・・?風王の互換品を集めるチャンスだというのか?
実態を確認すべく、商会メンの艦隊に混ぜて貰って1時間ほど狩りに参加。30個ほどならずものの宝箱を入手。大体のコツをつかんだのでソロで挑戦、とりあえず箱を250個ほどかき集めてオープン。

ヴァイキングの秘宝が3つ?そんなモンは要らん。ぽい。問題の航海記は55個獲得できた。情報通りの効果であり、これはかなり美味しい予感。とりあえずイベント期間中に気合入れて100個、できれば200個集めてやろうと画策中。青ネームの方々に狙われるとかったるいから非戦断簡も用意しとこうかね。この前の詐欺師ロットでまた20個くらい増えちゃったしな、適時消費も必要だろう。

この航海記、100個200個集まったところで流石に常時使用とはいくまいがそれでも多少気楽に使えるだろう。世の中には風神を普通に使ってる海賊もいるそうだが何をどうしたらそんな数を集められるやら。航海記も大量に貯めた上で余力があれば、航海者のお守りNo2に全数交換して風王、風神を集める努力をすべきかもしれない。
猛犬達に絡まれて疲弊しまくったので気分転換に地中海へバカンス。ヴェネチアで定期開催されているバザーイベントがあるとのことだったのでぶらりと買い食いに出向いた。水の都をぶらぶらと散策して英気を養ったので、再び南アフリカへ出向くため出航。

『さらばアドリア海!自由と怠惰の日々よ!』

アドリア海を抜け、イオニア海に進出。

『こんにちわイオニア海!自由と怠惰の日々よ!』

今日はだらだらした日だったとさ。やる気が出ないのは女帝が出ない為。多分めいびー。
2015.07.06 猛犬注意
友人の招待に応じてちわわ模擬なるものに参加。なんか赤い名前とか青い名前とかのちわわも混じってる。ヨークシャーテリアの間違いじゃね?

今回は増量型のオスマンガレアス@ラム装備で参戦。いきなり旗を持つ羽目になりヒイコラ言いながらラムを当てたりクリを当てたりクリを喰らったりした3時間+αでした。がっつり戦うための大型船に乗って艦隊戦をやったのは多分実に4年ぶり。BCはたまに出てたけど、それも休止前の話。休止後はバルシャ大戦とかピンネース限定戦しかやってなかったので流石に大苦戦した感じかなあ。

凄く楽しかったのでまた呼んで頂けるなら是非駆けつけたいなと。

追記テロ
フランスの酔っ払い姫は相変わらずの無双ぶり。味方にいるとビシバシ撃沈を量産、敵にいると混乱白兵を2度に渡って仕掛けるもスルスルと抜けられる。言い寄る男を袖にしまくるモテ女ぶりを遺憾なく発揮しておりました。しかし突然酒宴をやらかして艦隊メンを巻き込みながら暴れるのはいかがなものか。酒乱姫(フランス人だけに美酒乱とかかな?)とかそのうち言われちゃうぞw
某所で妙な色の蘭陵王の仮面を付けている人を見かけた。色違いで何か休止していた時期に出ていたのかな?と思って調べていると、特製蘭陵王の仮面というブツの情報に行き当たった。

・・・・何これ?す っ げ ー 欲 し い 。

ちょっとこの性能はやり過ぎでないの、と思う代物。えー。づるい!2年くらい前に90日チケットのおまけで出たモノらしい。流石に今更売りがあるとも思えないなあ。また出してくれないかしら。久々にショックだったとさ。
2時間半ほど暴れた結果、無法化に成功。大分危険度上げてたからな。そろそろ来るとは思っていたのだ。

しばらくはアフリカ付近で稼ぐとしようかね。
最近友誼を結んだE鯖の海賊に頼み込み、どうにか造船匠を紹介してもらってレイジードフリゲート建造にこぎ着けた。南米よりはるばるお越し頂いた造船匠殿には十分なお礼が出来ただろうか。紹介してくれた彼も造船匠殿も急な頼みに応えてくれて大変ありがたいことです。

さて出来上がったレイジードフリゲート。イマイチ不人気なのは、模擬とか大海戦で戦うには少々耐久性や白兵能力に難があるからだろう。しかし速度性能に着目すれば、これは哨戒用コルヴェットに迫る力を発揮できるのではないかという予想の元に建造したわけだ。夜戦木装材を投入しているので耐久は1070程度だが138人乗って5スロ、戦闘能力においては哨戒用コルヴェットの比ではない。北米で練度上げを経て早速無法化している穀物海岸に乗り込んだ。

イスパニアの某豪商一家のロンスクに後方から追いつく脚を発揮したのは大収穫。これなら充分私掠活動で運用できるだろう。あとは入魂の儀を執り行わないとな。・・・穀物海岸を遊弋中と思われるイングランドのオレンジネームを発見。アイアンサイズとは珍しい。だが魂を吹き込むには不足のない敵手だろう。後方より追走し交戦を仕掛けた。

緒戦において直撃阻止を掛け斬り込みを狙ってきたのを不用意に受けてしまい、真っ当な白兵の構えで対応したら甲板戦に入られてしまった。回避テクニックを掛けながらどうにか走り回り、撤退に成功。ちぃ、こいつは実戦だった。警戒が足らなさすぎたなと自戒しつつも再交戦。そういう狙いならばこちらも全力でいくぞとばかりに副官@一等戦列艦を即座に召還、レイジードからの重量砲撃を浴びせて副官が砲撃位置に着くのを待ち、前後からの砲撃で攻め続けた。どうにかラインを割れそうだと判断したか、ある程度の距離が出たところで敵艦がクリ回避を止めて直進を始めた。ところがこちらはハイペリエ。その距離は大好物なんだな。満を持して貫通発動、船尾への一撃で撃沈せしめた。よっし、入魂の儀完了。

今夜のねぐらを求めてカナリア沖に進出。ネーデルランドの赤ネームが検索ヒット・・・よし、コイツの首を取って今夜は〆だ。ラスパ付近から南に流しているだろうと判断し北上、ラスパのやや南を航行中の標的を発見。敵もこちらに気付いたらしく旋回し向かって来た。オスマンガレアスかな。じゃあ油断無く、丁寧に仕事をこなすとしよう。交差するタイミングで敵からの交戦を受けた。彼我の距離はちょうど弾道カロくらいか。斬り込みにくるであろうことは予想に難くないので戦域中央付近に陣取りつつ副官を召還。重量、水平、速射で敵の脚を止めながら例によってのハメ手である。思うように加速が付かず、もがくように舵を切り続ける敵を前後から追いつめながら、いつものように隙が出来るのを待って船尾に一撃を見舞い撃沈。

この手のヒットマン的戦闘はZephyros時代の俺にとって日常だったので割と得意なのである。自分の船に充分な火力が付いたことで決め手を狙えるようになったのが戦果に直結しているな。建造したその日の夜に他国海賊2隻撃破は上出来だろう。随分猛々しい魂が吹き込まれたに違いない。

入魂の儀を終えたので船名を付ける事にした。かつて、不人気というか誰も見向きもしなかった高速ケベックを駆って大いに暴れ回ったことがある。レイジードフリゲートはアレを彷彿とさせるものがあると感じたので2代目を襲名させるとしようか。

命名『Clusing WolfⅡ』。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。