上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共有倉庫はキャラクターでは無くサーバーに紐付けされているため、サーバー移動したキャラで共有倉庫を確認しようとすると『空っぽ』の衝撃で思わず引退したくなるというもっぱらの評判。

実はちゃんと元々いたサーバーにデータでは残っているので慌てずに元鯖でキャラを作って倉庫を見ればちゃんと全部揃っているという訳だったのだが。事前に仕様を散々確認していたので即対処したのだが、これはテキトーにやってるとすごいショックを受けるかも知れないなァ。

とりあえず白兵スキルをガナドールでネチネチと鍛錬するくらいしか今んとこやってないが、そろそろ退屈してきた。夏場は釣り専念で一時休止も考えたがしばらくは継続、暇つぶしに外洋出ようかなあ。
スポンサーサイト
皆で仲良く40人くらい竿出していた堤防、全員丸坊主。
来週はリベンジマッチ、今度はキス狙いで投げ釣りやるべし。

大航海?ここ数日は口惜しさのあまりひたすら釣りのことばっか考えててインもしてません。でもそろそろ入っとこかな。
渓流、本流、海とどれもこれから盛りのシーズン。世間様の休みが終わったタイミングが俺の休暇というわけで今週はとりあえず海へ行こうかなと。針に糸巻いて仕掛を作り、エサのオキアミを本みりんと砂糖で締めてハード加工を施して投げ釣りに使用可能な状態に。黒鯛などを狙ってみる所存。

大航海は当面続行。とりあえず欧州に戻り哨戒用コルヴェットなど建造してみようかと。タイマンもいいけど狩りをするなら速い船。切り込んだら甲板行っちゃえばいいじゃない的発想。まあこれは仕事中を狙う用かな。尤も使うかどうかは別問題なんだけどね。船をせっせと造って金を減らして、トロをいぢめ続ける理由を作らないと白兵上げが滞るのだ。

6月には鮎も解禁だし毛鉤の仕掛も作らないとだなあ。鮎毛鉤を3つ4つ枝針に付けてウキを付けて、瀬を流す仕掛のことをなんて言うか知ってるかい。まあそんな仕掛もいくつか作って夏に備えないとなのである。
相変わらずラム一筋。新造した船で10戦あまりタイマンをこなし、相性の悪い敵武装、戦術などの見極めが出来つつある。重量砲撃はまあ言うに及ばずといった所だが、これ以外にも苦手とする戦術を2つばかり発見。打開策はなんとなく見えているのだが、残念ながら技量が付いてこずまだ実現出来ていない。増量船はやはり一発の魅力あふれる素敵船ではあるのだが、スキルの出し入れをもっと鋭く早く、攻撃に転じる瞬間に行えないと使いこなせないという感覚を得ている。

今のトコ高装甲の迎撃付き帆船の攻略が課題。ラムの威力は充分通るが当て損ねると砲撃ダメージを負ったまま白兵に入り壷焼きにされるという負け方を5度経験。要するに命中精度が悪いという一言なのだが・・・。風上を占位して待ち構える敵手をどう料理するか、ここら辺はやはり経験を積むことで改善していくしかないのだろう。命中直前で身を躱そうとする動きを先読みしてぶつける精度を高めることが出来れば勝率は一気に上がる予感。

強化衝角はやはり当てやすいという感覚は全く無い。威力がどれくらい上がっているのかは外してみないと分らないが、ラム突っ込み時の砲撃ダメージ緩和のために耐砲撃装甲をいれた方が有利かも知れない。スキルの組み合わせの妙味は交戦経験を積み上げ一つの船を乗り続けることで段々見えてくるものだと思うから、今しばらくは新造艦での戦闘経験を積むことにしようと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。