上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶどう弾の特徴としては、貫通値が非常に低く弾速も遅いため耐久ダメージをほとんど与えることが出来ない。
反面、船員へのダメージはどうやら命中弾数に多くを依存しているらしく、横ダメージの大小にあまり左右されず安定したダメージが出る模様。どうやら装甲値では船員ダメージを減衰させる効果が薄いと考えられる。

船員ダメージについては横からの砲撃によるダメージは外科回復が可能だが、白兵ダメージと同じく回復不能なダメージは蓄積される模様。また、『クリティカル攻撃によって殺傷した船員ダメージは30%程度しか回復できない』という特性を持っているようである。(BCにおける戦闘の最中に計測したものであるため数字の正確性は保証出来ないが通常攻撃と比較して明らかな差が見られる)

またクリティカル攻撃時は追加効果として被弾したプレイヤーの行動力を下げるのだが、この数値がまたひどく不安定である。観測した限り、5スロの条件下で370減らしたときもあれば240だった時もあった。どうも耐久ダメージとの関連性がありそうだがデータ不足のため明言は避けたい。

ぶどう弾強化スキルを発動すると横からの砲撃によっても行動力を下げることができるのだが、この確率は他の特殊大砲の追加効果と比較してもかなり高いものであるらしい。この発生頻度によっては、甲板戦による決着を狙う者同士の1対1においては戦局を左右しうるかも知れない。甲板戦開始時のAPは、突入時の行動力残量に比例して減少するからだ。

というわけで早速ジェロームを雇ってきた。さくさく育成して検証を進める予定である。

我ながらなんという物好き。
スポンサーサイト
2012.12.15 キワモノ
突然天啓が降りてきたので、おもむろに特優エクスプローダー砲を5機製作、全部大砲鍛錬具を突っ込んでフル強化するという暴挙に出た。ちなみに最大貫通は560である。しょぼ。

カロ砲の半分も貫通値が無い大砲で5スロを埋め、颯爽とBCに参戦。とりあえず閃きが正しかったかどうかを知るため適当に距離、相手を構わず撃ちまくってデータを取ってきた。


結論。

面白おかしすぎるのでそれだけで満足。

軍人プレイヤーの乗る軍船相手に横撃にて、射程内中距離で船員へのダメージが平均8。標的の耐久が最大であっても船員ダメージが出るため、少人数での戦闘においては非常に危険な攻撃手段たりえると思われた。

これ多分だけど、ガナドールとか、海戦中型あたりで猛威を振るうんじゃないかな?多分。めいびー。
ポルトベロを巡る大海戦!な訳だがイマイチ気乗りしないので今回は高みの見物と洒落込む所存。
なんかこう単純な洋上戦闘の祭典では済まない雰囲気というか、なんだかイヤなのである。

今週末は仕立て道具でも掘り出して過ごすかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。