上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海賊に立ち戻る気はイマイチ起こらないので当面賞金稼ぎというスタイルで実戦に関わっていくつもりであるが、緊張感を維持するため自らに制約を課すことにしようと思っている。

とりあえず思いつきで一つ決めた。

『突発的ではなく、能動的に海賊を狙う行動中は15M以上を持ち歩く』

あとはどんなのがいいかな。おいおい思いついたら追加しよう。
スポンサーサイト
2012.08.30 リスタート
何はともあれアップデートまでに海事と冒険レベルを74にしておこうと思い立ちロンドンを出立。あえて定期船は利用せずアフリカ回りの航路を通ることにした。

道中3人の海賊が検索にかかり、この全てを見つけ出し交戦を敢行。ヒホンの沖合で1勝、ジャカルタ前で1敗、あとは東南アジアのどこだったかで1勝。勝ちの分はいずれも洋上戦闘、負けは甲板戦であった。遺跡探索家というか冒険職での甲板戦はほとんど経験がなく、実戦で磨いた海賊の前には実力不足で及ばなかったという所である。やれやれ、かつては甲板巧者と呼ばれたこともあったがもはや過去の話か。

しかしこのままでは済まさないぞ。今の力が底辺であるなら上に駆け上がるだけだ。俺はやはり実戦の緊張感がある中で戦わないとシャッキリしないことが良く分かった。負けたら何かを失うリスクを持った戦いの中でこそ見出すものがあるはずだ。レベル上げと平行して実戦を求めよう。
目的を見失い、BCのみを楽しみに銀タロットを開けつつロンドンで時間を潰す日々。国粋系プレイは廃れ、俺が続けてきた私掠海賊としてのプレイスタイルは既に拠って立つ基盤を失った。

しかし、ぶらりと刺激を求めて外洋に出てみたら・・いるじゃないか、新顔の海賊が。多数ではない、しかし確かに存在している。世代交代が起こっているのだな・・・。赤いのばっかりだけども。

我が商会もほぼ全ての海賊がゲームを去り、特に対人戦闘を好んでいた一人もボレアスサーバに拠点を移したようだ。まだちょくちょくインしている商人系プレイヤーが一名いるから放り出す訳にも行かないが・・・セカンドに商会長を任せ、窓口業務をこなせるように体制維持した上でメインを自由にしようかと考えている。

新天地を求めてみようか。停滞した自身を新しい環境に置けば何か違う視点を得られるかもしれない。
レベル上げもスキル上げも対人陸戦練習も模擬戦もまったく意欲が湧かない状況。
知人の勧めに従い海から少々距離を取り、(といってもプレイ時間を3分の1程度に減らしただけだが)コンシューマ系の積みゲー消化に勤しんでいる。

このまま消えるのも一つの道か。ただまあ、3ヶ月プレイ権が切れる前に新時代が見られるはずなのでもうしばらくはだらだら続ける予定。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。