上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.27 暖機運転
戦いの日常にもし戻るなら?海賊は無いな、どう考えてもつまらない。やるなら気ままに賞金稼ぎだか、傭兵じみたことだかだろう。しかし俺は戦う者として致命的欠陥を抱えている。

戦闘コストに対して神経質なまでにケチなのだ。

強化フル帆や強化鄭式大砲が痛むとブルーになるのである。名工大工道具を使うと鬱なのである。それでなくても巧匠鉄板すら直して使うくらいなのである。

女帝を気軽に使えるように銀のタロットを500枚くらい集めてから暴れようかな。
スポンサーサイト
陸戦による冒険上げの副産物として300枚近い地図断片が手に入ったので各地をぶらつきながらサルベージ。
アビジャン付近で交易船を引き上げた次、東アジア西部☆6の21枚地図。・・・きたきた。

東アジア回航船の可能性は高い。勇んでアビジャンを出航、40日ほどの航海でジャカルタ西に到達。目的地に向かって航行中にロングスクーナーがこちらの船影を見て反転、接近しようとする動きを見せた。場所と船、挙動からみて海賊であると断定。砲撃戦に適した距離での交戦を意図しこちらから接近。ポルトガルの赤ネーム、RHA所属の海賊であることを視認、ただちに交戦開始。まあなんのことはない、副官を呼び十字砲火を浴びせて敵がラインを割る前にねじ伏せて終了。

目的地に到達。期待通り東アジア回航船であった。淡水に曳航しサクサク内部調査、ここで1つめの箱からあっさりスファジが出てきた。あれ?先天性引き弱症候群はどこ行った?

次の沈没船はどうやらアガラス湾沖。ジャカルタ西を再び通過しようとしたところでRHA所属のオスマン海賊@ノルスケロブがやる気満々で接近、交戦を仕掛けてきた。バルシャじゃないのかよ。クレームをつけたいところである。こちらも結果としては不用意に近接戦を挑んできたので砲撃をやり過ごした後斬り込みをかけ、甲板戦に持ち込んで打破した。俺はどちらかといえば甲板戦は得手であり、サーヴェイフリゲートに乗っているからといって砲撃戦のみを狙うつもりはないのだ。

新船に箔がついたところで先に倒したポルトガル海賊が再戦したそうに接近してきたが、今日は勝ち逃げしたい気分なのでジャカルタに入港、補給の後急加速を掛け脱兎のように駆けてジャワ海を脱出。なかなか上出来な一日だったね。結構結構。


サーヴェイフリゲート。

やっとできたを。とか書くとちょっと前のコーエーの広告のアオリみたいだね。
何はともあれ完成。3倍くらい早そうなヴェネチア公用カラーである。

ところが実は縦帆が+105止まり。マージンを+5とってあったのだが5回目の強化で大スクウェアセイルが痛恨の大失敗になったらしい。タハー。しかし他の数字は全て期待値通り、このランクの造船ならばここは妥協点だろう。公用船体である以上、木製素材と比べれば元より速度面での不利は呑んでいる訳だしね。

慣熟航行も済ませたので、適当にあちこちぶらつく予定。まあ仕事は当分しないと思うがロイヤルフリゲート同様の流麗なフォルムを普段乗りに出来るとは贅沢な話。結構結構。
ネカフェすごいよネカフェ。
@150kになった所で休日にネカフェ行ってきた訳ですよ、回航紙700溜め込んであったからね。
90日の間にDOLに愛想尽きるか自問自答した結果、まあなんとかなるんじゃね?という結論に至ったので90日チケットなんかも買っちゃって、海神のお守りなんかも用意してさ。ファンクラブ特典がたまたま20%の日だったから追い風吹きまくりだったのね。

そんなわけで意気揚々とカリカットいって書庫で例の海洋学2をやったわけですよ。
報告してみたら一回で冒険経験値が2160点・・・。

なんだこれインチキか?

かくしてわずか90分で冒険経験100kあまり稼いでしまった訳で。3時間パックだったから余った時間で朝鮮ダンジョン中層回してさらに20kばかり稼いで帰ってきたということですよ。

そんな訳でとんでもない駆け足がついて昨晩冒険Lv73を達成、サーヴェイフリゲート建造のための部品も全て揃えたので今夜あたり手の開いていそうな造船匠を探して頼んでみるつもりである。

6月末どころじゃなかったね。はいはい一般人一般人。
深夜に呟いてみる。

運営が白ネームに対する保護施策をどんどん追加した結果、おそらく殆どの白ネームの方は保護施策による恩恵を享受し、どんどん快適な航海になっていると思う。

しかし、海賊と賞金稼ぎという色ネ-ムと白ネームの関わりの一形態においてはもはや有利不利を語るのも馬鹿馬鹿しいくらいのアンバランスに至ってしまった。

例えば、戦闘における交戦時の位置取りってのはもの凄く大事。しかしながら、白ネームはわざと相手から一度交戦させ、即座に上納品を利用することでログアウトするまで相手からの交戦を完全に封じることが出来る。

こうなると危険海域にありながらにして安全海域にいるのと同様、色ネームは交戦距離を自分の制御下に置くことができず、相手の思い通りにされることを余儀なくされてしまう。

元より対等の条件ではないにせよ、安全海域はおろか危険海域ですらこの不利。色ネームに対してのみ連戦可能という仕様にしたって海賊と賞金稼ぎの在り方を歪めているとしか思えない。運営は海賊と賞金稼ぎにどういう在り方を求めたいのか、そこがまるで見えない。

継ぎ接ぎを重ねた結果、土台が致命的に歪んでしまったとしか思えない。次々と海賊周りのシステムに対して行われてきた仕様の改変はまるで『猿の手』の話のようだ。どうしてこうなった?としかコメントのしようがないモノばかり。

公式BBSで、ありえないような要望スレばかり立てている『彼ら』の言動は俺のようなひねくれたモノの見方をする人間から見れば運営に対する『No!』を変化球にして投げつけているように思えるのである。このままで良いと思ってるのか?と。・・・好意的に捉えすぎだろうか。
冒険Lv72に到達。武器鍛錬具も1つ入手、まずまずの進行で5月の折り返しを迎えた。予定を少々繰り上げていけそうである。新船については大体の設計も出来た。経験値の残は@230k弱。コツコツ進めるとするさ。
2012.05.13 大盗掘時代
ひたすら朝鮮ダンジョン中層にアタックを繰り返しながら冒険レベル上げ&鍛錬具掘りを試みる毎日である。
いつの間にやら狙撃術がR13に、冒険レベルは72まで@60kと言うところまで来た。

防具鍛錬具も2つばかり出てきたが、欲を言えば武器鍛錬具の方が欲しい。
さらに欲を言えばたくさん欲しい。具体的には40個くらい欲しい。さっぱりでないのはあれだろうか、噂に聞く物欲センサーという奴だろうか。

物欲と言えば友人が↓のようなイベントを始めたらしい。そのうち俺も買いに行こう。
http://datensifuron2.blog.fc2.com/blog-entry-160.html
2012.05.07 冒険上げ開始
海事レベルと冒険レベル、あと未カンストの狙撃術の並行上げを企図し、ハンターに転職してアジアダンジョン前のボス集団との陸戦によるレベリングを開始。

やはり効果は絶大、僅か3日で150kの経験を稼ぎ上げ冒険、海事とも71Lvに成長。この調子なら5月末まで予定を繰り上げることも可能かも知れない。世間様と休みのタイミングがずれているのて俺は今週から休暇なのである。まあ根を詰めすぎない程度に取り組もう。

なんせ折角の休みだからあちこちリアルでも出掛けたいしね。
俺はやるぜ俺はやるぜ!
万難排して冒険Lvを73にするぜ!絶対これに乗るぜ!6月末までに乗るぜ!
PSO2のcβも終了。まあぼちぼちレベル上げに取り組みつつ新船の情報でも収集するか。

しかしあれだな、経営感覚を大事にする稀少種海賊の俺としてはこの際悪名が上がるけど南蛮品をごっそり奪える特殊なレアNPC艦隊なんてものが追加される分には遊びになるんだが。そういうの出来ないかな。悪名がつくことで賞金稼ぎに狙われるのも遊びの内であるわけだし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。