上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復帰2日目。とりあえず120M程の利益を確保。・・・どうやら調子を取り戻しつつあるようだ。
とりあえず目標として、海賊の稼ぎだけで以下を揃えてみようと思う。

1.鄭式大砲のフル強化セット5本
2.フェニックス紋章
3.公用船体の決闘用アイアンサイズ

3なんか幾ら掛かるんだろう・・・。まあ長期目標がないとだれるからな。ぼちぼち稼ぐとしよう。
スポンサーサイト
2011.09.29 カムバック
鈍ったカンの研ぎ直しが大変だ。錆が酷くて使い物にならない。やれやれと。
頑張って貴重紋章箱を開けること○○個。
海竜とパイレーツは出てくるのだが双頭の鷲がでないままにタイムアップ。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

とほほ。リスボン辺りでフェニックスと一緒に売り探すか・・・。ガッデム。
9月復帰宣言をして自分にプレッシャーを掛けつつ応用剣術の鍛練中。現在R12である。
陸戦スキル優遇職で海賊やることなんぞないだろうと思っていたのだが・・・。最近巷で噂を聞く海賊はどうやら皆甲板戦巧者であるらしい。かつて編み出した必殺の『無限の反省』は仕様変更により、かなりのレベル格差がなくては通用しなくなっている。

現仕様においては1対1に限るならば高火力、重武装の装備によって相手のテクニック攻撃にカウンターを合わせ続けるのがおそらくベストであろう。罠など使っていては手数が足りなくなってジリ貧である。恐ろしくシンプルな結論になってしまったが、装備を含むキャラ性能で劣っている場合挽回が極めて難しいと思われるため、甲板勝負に持ち込む/持ち込まれるならば最初からそうと割り切った武装と職が望ましい、と。まあこういう考えに至ったわけさ。

スキルブーストが豊富なのが応用剣術の良さだが、対人戦で収奪に耐性がある装備だけでまとめようと思うとどうしてもジェネラルマントが欲しいところ。しかし黒海に数日こもってみたが1000日程度ではとても大獅子の牙は出てくるものではなかった・・・先天性引き弱症候群は完治が見込めないようだ。やれやれだね。
技巧上げの修行も大詰め。勢いを付けるためロンドンにて剣術をスキルブックに収めた後ローマへ向かった。
アルジェの北側あたりを航行中、向こうからやってきたのはオスマンオレンジ@商大クリッパー。・・・なんか前も似たようなことがあったな、と思いつつ反転し急襲。

『やあ、君の賞金を頂きたい。抵抗は自由だが早く楽になりたいなら観念することだね』
口上を述べたのちいつものクセで甲板戦に。・・・あれ?そういえば剣術封印してきたんだった・・・。
ヤバい。うっかりパンツ履き忘れてきたくらいのインパクトである。
しかもアイテムもセットし忘れてた。

まあ何とかそれでも勝って賞金と所持金、積荷色々ひっくるめて30Mくらいになったのだが。
慣れとは恐ろしいものである。これで返り討ちにでもなっていたら物笑いの的になっていたところだ。やれやれ。

ところでそろそろカムバックします。多分9月中に。人知1も槍技巧もまだ極まってないけどね。

※リクエストにお答えして表題を一文字変更
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。