上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブレーメンを巡るネーデルランド対フランスの大海戦が開催中である。
おかげで航路を往来する船も少なく、どうにも仕事が捗らないのでロンドンに戻り知人達と遺跡攻略に勤しんでいた。街からアジアの遺跡に直接行けるとはいい時代になったものである。

数戦の攻略を終え、広場の休憩所でまったりとしていたところに某R商会の頭目殿がやってきた。広場の食堂主人にところで鉢合わせたのである。ぬ、ロンドンに立ち寄るとは大した強心臓。だが居合わせた以上無事に出すのも業腹である。都合悪く大型クリッパーに乗っていたので慌てて銀行に走り船装備一式をラロワに装着、ロンドンを飛び出した。

どうやら標的は用事を済ませてさっさと出港したらしい。外には某R商会系の海賊が数人、他にはフランスの赤ネーム2隻艦隊も検索にかかる。折悪くこちらの商会員は皆ロンドンを空けており援軍は期待が持てない。・・・まあいいか、ここは博打の打ち所だ。標的は高額賞金首、知人に懸賞金も掛けられている。フランス籍の2隻艦隊が気にかかるがまあなんとかなるだろう。

ドーバー沖をまわりプリマス方面に出ようとしたところ、思いに反して現れたのはフランス籍の2隻艦隊。大型ガレオン&ラロワの組み合わせであった。ラロワに乗っているほうは初見の相手。(仮名:じゃがりこ)大型ガレオンに乗っていたのは顔見知りの相手である。(仮名:香木)

遭遇したとたん相手は艦隊をばらし散開。こちらを挟み込むような動きを見せつつ包囲を縮めてきた。イニシアチブはあくまでこちらが握る!適当な距離にあったじゃがりこ@ラロワに交戦を仕掛けた。相手はいずれも模擬経験者と思われた。ならばこそ知らぬであろう技がある。不意を突けるその瞬間を待つ・・・!

交戦直後に副官船を召還。修理支援と司令塔の支援を受けることで2隻からの攻撃を耐える手である。おそらく相手も赤ネーム、とくに香木のほうは戦歴も長い。こちらと同等の副官船を呼んでくるであろうことは必定だがそれでもここは必要であると思われた。予想通り敵もそれぞれが副官船を召還。数の上では2対4である。

敵の副官@戦列艦に迷わず突進。擦れ違いざまにクリティカルをたたき込めれば御の字、とばかりに強引に寄せた。そこで敵艦からの応射が着弾。500強のダメージを受けた。く、良い大砲乗っけてやがるな・・!こちらの砲撃も同程度の打撃になったが、あっさり修理され有効打にはならず。ゆるやかに包囲網が狭められていた。

後方より香木の船首砲による攻撃。舵を破壊され失速、ここで一気にじゃがりこが距離を詰め後方より併走位置に付けてきた。船尾砲を香木の鼻先にたたき込み背後の脅威を一端軽減。ガレー系の良さで、失速したこちらのラロワも速度をほどなく取り戻す・・が、じゃがりこはすでに真横の位置。こちらを追い抜き様に白兵に入って拿捕を狙うつもりだろうか。しかし・・・

その位置に来るのを待っていた!

点滅装填しておいたキャノンを砲撃入力、瞬間の間を待ち旋回入力。キャノンの砲撃着弾。500強のダメージが入る、と同時に渾身のラム攻撃が急所にヒット!必殺の一閃、ラムキャノンのシンクロ攻撃である。一撃にてじゃがりこ@ラロワを葬り去った。彼が旗艦であったのでここで戦闘終結。薄氷を踏む思いであったがどうにか勝利を得たのである。

『甘いんだよ、こんな手にかかるなんて』
と彼らに言い放ちはしたものの実際の所はかなり怖い場面もあった。油断を突けたものの手品の種は割れてしまった。彼らには次はこの手は通用しないだろう。もとよりまともに立ち会えば俺の戦闘技術では勝てない相手などいくらでもいる。俺にあるのは奇策の引き出しだけなのだ。次の仕込みをまた考えなくてはならない。

後に彼らから聞いたところ、俺の本来の狙いであった頭目殿は彼らの手によって沈められていたらしい。やれやれだね全く。


スポンサーサイト
巷でどうやら石橋を叩いて渡る慎重派という評価を頂戴しているらしい。
あえて言おう、であると。

俺は橋のないところに石橋を築いて渡る派である
2010.10.15 商会内規
とりあえずアジアの某港と商会交易の渡りをつけた。あとは各人の奮励努力次第で来月には商会定期船が開通できるかも知れない。俺には余り期待しないように。

予想したよりもゲーム内で反応があり、いくつか加入についての質問をTELで頂いた。
とりあえず海賊のみで構成するようなつもりはないので、白ネームの方については特段あれこれと注文をつけるつもりはない。が、海賊として活動をされるつもりの方にはやや多めの注文をつけることになるだろうと思っている。

身内だけでは無くなるようであれば、いずれきちんとした内規を設けなくてはならないだろう。さしあたり海賊プレイヤーの加入に対し求めることは、

1.自立した航海者であれ。
  海賊に育てて欲しいならば余所をあたったほうがいい。物品や育成支援など期待されても困る。
  時間や物品を含めて俺のモノは俺のモノ。君のモノは君が勝ち取ったモノだけだ。

2.オレンジネームで有り続けよ。
  赤ネーム化する可能性のある行動の一切を忌避すべし。
  (イングランド籍が居る艦隊への攻撃、他国海賊との艦隊行動など)

3.君が相手にしているのはモニター越しにいる人間である。キャラクターではなくプレイヤーを貶める言動を禁忌とせよ。
  曖昧な言い方になるが、これを理解できる大人のみを海賊仲間として受け入れるつもりである。

細かい決めごとはいくつか煮詰めないとダメかもしれないが、精神的支柱となるのはこれらかなと思っている。
なんだか思ったよりも忙しい。スローライフ海賊で行くつもりで復帰してもう一年になるがなんだか初期の思いに逆行してばかりのような気がするぜ。まったくやれやれだね。
英国東インド会社を辞し、ロンドンにて新商会を立ち上げた。

現在は俺一名のみ。どのようなカラーの商会にするかも決めていなければ、人が揃うかすら分からない。
何せ俺自身は積極的な勧誘をするつもりがない。縁故で誘うことはあるかもしれないが、延々シャウトで勧誘をかけるなんて時間があれば海に出たいのだ。

とりあえず決めていることは、

①イングランド人限定
②私掠行為、及び他国海賊討伐行為を認める(大いに結構!)

の2点のみ。俺自身の私掠スタイルはZephyrosサーバ内でも異質なものであるという自覚はある。よってメンバーにプレイスタイルの強要をするつもりはないが、あまりにも考え方がかけ離れた方が来られても不都合。一緒に行動することが難しくなるしね。

軍人に限らずとも良いと思っているが、海賊行為に理解のある方でなくては無理が出てくるだろうし。
案外色々考えることがあるなあこりゃ。まあ成り行きに任せて適当にやるとする。

相棒の純正カサドール称号獲りを狙って、今夜も色ネームが多数展開中という情報を聞きつけロンドンからはるばる東アジアへ遠征。前情報よりは少ない数の海賊しかいなかったものの、某R商会の4隻艦隊が検索にかかった。いささか数が多くて厄介である。

事は、狩り頃のソロ活動海賊がいないものかと東インド西部を徘徊中に起きた。

色ネームにも白ネームにも出くわすことなく、気が抜けていたのは確かである。スーパーフリゲート&ラ・ロワイヤルの完全武装ペアにて澳門から南東に1日のところを航行中、後背より強襲を受けた。

抜かった!慌てて後方を確認。敵はすべてイスパニア籍、大型クリッパーに牽引されたさまざまな軍船4隻。総勢5隻による攻撃である。見たところ大安宅船までいる。まるでデカいタンスが迫りくるようで非常に怖い。なんだありゃ。とりあえず応戦すべく副官船を召喚。相棒の反応も早く、副官船を召喚するとこちらへの接触を図ろうとする敵の2隻を引き付けるべく前進。俺はこちらに向かってきた2隻を重量砲撃で牽制しつつライン際付近まで後退した。

敵艦隊の陣容を確認するに、模擬戦や実戦などの洋上戦闘経験が豊富そうなメンバーは見られない。普段は交易や冒険を中心に活動しているのだろう。こちらの副官船召喚に応じてあちらがそれを行わなかったのはおそらく輸送設計の副官船で戦闘能力が期待できないせいか。・・・迎撃可能レベルの脅威と見た。副官船を勘定に入れれば彼我の戦力差は5対4、うち敵の1隻は大型クリッパーである。対抗し得ないほどではない。

ライン際から線を舐めるように移動し相棒の救援に向かう。新カスタムスロットは慣れれば外科、修理操作の連打が非常に楽で操作に十分気が回せる。白兵で耐える相棒を支えつつ敵のラ・ロワイヤルの突進をライン際でいなし、戦闘サークル外に放り出すことに成功。一時的に4-4状態に持ち込んだ。この間に接近を試みてきた巨大なタンスを重砲@船尾砲撃で足を止め、相棒のいるあたりまで接近。

ここに至って副官船が猛威を振るい、敵軍船2隻を立て続けに葬った。戦況は4-2状態。しばらくしてラインアウトした敵が再参戦、こちらに肉薄してきた。避けきれず白兵戦に持ち込まれるも、こちらの防御値は320を超えており敵の白兵攻撃力をオーバー。さらに白煙弾を用い打撃力を奪ったうえで仕込み爆弾を投げ込み370ダメージを与えた。あとは副官船に任せれば白兵中に砲撃を加えて仕留めてくれるだろう、と勝利を確信した時点で敵旗艦が交戦継続を断念し、ラインアウト。戦闘終結となった。


敵の提督は『5人も投入してこの結果とは恥ずかしいね』と自嘲して見せたが俺はそうは思わなかった。
模擬戦と違って実戦というのは技術の前にハートが必要だ。例え技があっても闘志が無くては海賊に立ち向かうなど出来はしない。結果はどうあれ、油断をつきこちらに冷や汗をかかせた上で港まで撤収させた時点で彼らは一定の戦果を上げている、と思うのだ。しかしアジアはつくづく怖いところである。俺はやっぱり喜望峰が好みだね。
2010.10.12 新しい環境へ
3年近く厄介になった『英国東インド会社』も残念ながら今や半身不随状態。実働している商会員がおよそ4名、うち俺と時間帯が合い、比較的イン率の高い海賊メンバーは1。後任副会長を定めないままに商会長及び副会長2名がインしなくなり数か月が経過した。今は既に去った、作って壊す造船組合長に誘われ商会に厄介になりもう3年余りか。これも時代の流れだろう。


ここに至り、近いうちに商会を辞しようと思い立った。


フリーでやっていくことや、知人の商会に転がり込むことも考えているが、暫定的に新商会を立ち上げるのもありだろうか。まあ慌てるようなこともない、ゆっくりと事を進めればいいさ。
かわいい海賊さんを探していたら可愛いハチミツさんに襲われ、ほうほうの体で虎口を逃れた俺はそそくさとセレベス海を脱出、東アジア西部に進入した。さて、本命を探すとするか。奴自身は賞金を払わないシミッタレだが、他プレイヤーが掛けた賞金が結構な額なのである。というわけで続き。

新実装された中国方面にいるだろうという読みは正解。入ったとたんに海賊被害のアナウンスである。検索をかけてみれば案の定、奴であった。この場に今いる色ネームは俺と奴だけであるからだ。俺のアジア入りに気付いたフレがターゲットの位置を知らせてくれた。・・・重慶ね。あそこが今回の殿オンライン対象であることを考えると真っ当な狙い目なのかも知れない。奴の手口から考えればどこか中流辺りに監視ブイを浮かべ、行き来をチェックしているであろう。

海域には先ほどこちらを狙ってきた艦隊と、他3~5人の艦隊がいくつか。おそらく交易中なのであろうが現状を考えると艦隊で行動している連中は非武装とは思えない。不味いことに重慶は副官回航が行えないと聞いている。あの場所は俺にとっては言葉通りの袋小路。ターゲットは何せZephyrosサーバ1の有名海賊、狙っているのは俺だけとは思えない。ここで踏み込んで賞金稼ぎ達の封鎖を受ければ拠点回航か、不貞寝するしか無くなるだろう。明らかに死地であると思われた。

ま、ここは仕方ねえな。機会を改めるとしよう。

決断を下し、アンボイナ方面に転進。可愛いハチミツさんもどうやら奴を狙っているという話なので居場所をリークしておいた。ま、あっちに行ってもらう分には俺は気楽で彼らも敵に会える。双方幸せで誠に結構な話だ。

セレベス海、マニラの西側を通ると不幸になりそうな気がしたので東側から南西にまわりこみ、ホロとダバオを間を通過中に見慣れた業者艦隊と遭遇。すかさず襲撃し4M程度の稼ぎを得る。なんということだ、逆を通ったら幸せになれたじゃないか。次からはこっちにしよう。

アンボイナにて補給を済ませ、ジャワ海に進入。ここを通り抜けてそのままアフリカ方面に移動する心算であった。やたらと好戦的なNPCの群れをかき分けかき分け、ジャカルタ前を通過。ここで後方から商船が接近してきたので難なく上納品をせしめた。・・・ふと後方を見ると別の商船が大型ガレオンに襲われている。同業か、大型ガレオンであるならば今ならば仕掛ければ打倒は容易なはず。接近してみると相手は某R商会のオスマン海賊であった。実は少し前に知り合った顔である。陸では談笑もする間柄だが、海の上では剣を交えるべき相手。英国私掠としてのケジメがあるのだ。友誼を結んだ折りに互いに約束したことである。

『おらああああああああぁぁぁぁぁ!』
迷いを振り払うように雄叫びを上げ強襲を仕掛けた。強引に斬り込みを掛け甲板戦に持ち込み、一切逃がす気の無い全力攻撃でケリを付けた。

・・・せめて、賞金くらい返してもいいような気がした。
とんだ気の迷いであった。当然ながら清々しいほどにあっさり拒否。我ながら失礼な行いをしてしまった・・・。
海では戦う間柄と約束していたのにこの体たらく。よほど俺のほうが不覚悟な行いをしたわけだ。反省せねば。


どうも心が弱くなっているのだろうか。昔ほどに尖ったところが無くなった自覚はあるが・・・。
成長なのか退化なのか。どうも最近気弱なところが出てきて草食系男子化したようだ、と知人に話をしたところ、行動はどうみても暴食系男子であると指摘された。大変もっともすぎて反論できない。やれやれだ。

東南アジア、東アジアがそろって危険化した週末。白い名前でも色のついた名前でも色々いるだろうと思い喜望峰より移動を開始。道すがら復路途中の船を4隻ほど襲撃し小銭を稼いだ。慣れない大型クリッパーの仕掛け練習を兼ねてみたが、大型ガレオンのときよりも2隻艦隊へのアプローチが難しい。船の角度を定めるクリック位置が大型ガレオンのときと微妙に違うので寄せがうまくいかないのである。要練習。操作がきつくて口上すら述べる暇がないのでは誠に不都合だしな・・・。

オスマンの某かわいい海賊さんが東アジアにいるという情報をもらい、パンダ海から北上。ホロに寄港したのちマニラの西を通り抜け、東アジア西部に進入しようと進んだ先、マニラの横を通りかかった矢先に前方から軍船2隻と思しき艦隊が接近。かわいい海賊さんならぬ、かわいいハチミツさんであった。以前フランスの私掠をしていたように思ったが今は白ネームである。戦闘の気構えをし、敢えてこちらから寄せた。

交戦開始。予想通り、いったんすれ違ったのちに敵艦隊は反転、強襲してきた。やれやれ、前もここで2対1になったな。どうやらセレベス海は鬼門らしい。まあいい、マニラは近いしどうにかなるだろう。

ハチミツさんより手前にいたガレアス級が寄せを試みてきた。どういうわけか底耐久である。これなら重砲と貫通を打ち分けながら生殺しに撃ち込み続ければ敵の資材枯渇を誘えるかもしれないと判断し、副官を召還。敵旗に絡んでくれるように...願いつつ底ガレアスを可愛がるべく弾道、水平、貫通を発動。70門のカロネードはそれなりに期待できるはず。

初弾で280。次弾が470。改良フルリグ3枚つけたスパフリの脚はそれなりで、距離を適度に維持しつつ砲撃連打の体勢に入ることができた。このまま出血を強いつつどこで攻勢に出るか。機会をうかがっていたところ、別のガレアス級が戦闘サークルに接近してきた。こちらに重ねようとするような動きを見せる。

ち、援軍で重ねられたら一巻の終わり!慌ててマニラ側の戦闘ラインに向かい脱出。肝を冷やした一幕であった。やれやれ、ちっとも可愛くないハチミツさんだ。


補給を済ませ即座に出港。幸いにして追撃が出る様子はなく無事アジア西部に進入した。

続きは次回。
2010.10.06 陸戦革命
10月5日。CP4が始まったわけだが俺は例によってKonozamaなので、今日も泣きながら杖テクなどを鍛錬していた。どうにか杖の3系統ともR4を習得可能なレベルまでテクニックを鍛錬し終えたのでこれからテクニック集めである。フェイントR4はレアPOPからしか習得できないようなので先が思いやられる・・・。半日では済まないかもしれないな。だが、これさえ片付けばテクニック補充は5秒に至る。おそらく今後、テクニック補充時間の短縮はこれまで以上の意味をもつ重要ステータスになりうるので頑張って仕上げるとしますかね。

今回のアップデートで、新実装された船や16門レシピなどの話題の影に隠れて気づいていない人も多いだろうが、陸戦用アイテムに重要な変更が行われている。

確認がとれただけでも、

メデューサの呪薬 AP120 > AP150
     陶酔の酒 AP 80 > AP100
デュオニソスの酒 AP100 > AP120

と、酒、石化系アイテムの使用コストが大幅に増加している。おそらくは泥酔の酒も使用コストが上がっているだろう。あと、デュオニソスの酒の再使用時間が68.5秒に変更されている。(前仕様から+20秒)これもおそらく酒全体に対して行われた修正であると思われる。ちなみにトリカブトの麻酔薬は変更なし。確実性に劣る故のお目こぼしだろうか。あとは医神の神薬が回復量350に上昇し、コスト据え置きが目立ったところか。(暫時回復も強化されているはずだが未調査)

・・・陸戦を十分に鍛え、対人戦の経験を積んだ方なら事の重大さが直ぐ分かるはずの大幅修正である。

行動力MAXでの陸戦開幕時APは100。戦闘職の1秒毎AP回復は4、他は3。全職とも攻撃時/被攻撃命中時にAP3(4だったっけ?)回復。交易職はアイテム使用コストが25%カット。

この基本仕様に照らし合わせると、交易職以外は開幕時にディオ酒が使用できなくなった。また、ディオ酒の使用コストが120、効果時間が22秒。陶酔の酒の使用コストが100、効果時間が16秒であることから、それぞれを使用した場合、AP自然回復が追い付かなくなっている。結論として交易職以外では酒の2種類連携が困難になったということだ。また、石化の使用コストが莫大なため、これを使用したあとのチェインラッシュもAPが持たない可能性が高い。既存戦術が根底から覆されたといっても良いだろう。

すでに対応策は数手考案したが、いきなりキツい変更である。前仕様に最適化した戦術、テク構成に仕上げている人たちはかなり大変なことになるのではないだろうか。まあダンジョンなんかは何も変わらないだろうが。

まったくやれやれだね。
喜望峰周辺にて仕事中、欧州への帰りと思われるポルトガル籍の商用クリッパーを発見。
『金だしな!』と叫びつつ交戦。上納品を使われることもなく甲板に乗り込んだ。そこにいたのはペチコートを着た小娘。武装も特に無いようで難なく撃破したのだが・・・。

収奪品は種子島600余りと、ペチコート。いきなりタイツ姿になる小娘。げっ、またこのパターンか!

ベソをかきながら去ろうとする小娘に対し『待て』と声をかけた。『女の服を剥ぐ趣味はない。特にペチコートを収奪したとなるということが他に知られると色々と不都合なのだ。少しだけだが。割と。結構。非常に。返すから受け取れ』

さっきまでベソをかいていたはずの小娘の目が光ったように思えたのは気のせいだろうか。

『分かりました。じゃあ黙っていて上げますから種子島を300程返してください』

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
なんだと・・・逆に脅迫されたのか・・?しかしこれはなんというか非常に面白い切り返しである。この局面でこのような返事を出来るとはなんとしたたかな小娘か。ちっ、まあ仕方あるまい。ちょっと感心したので素直に返してやることにした。

『ありがと、んじゃねい』
『やれやれ・・・』

敵もさるものである。まだまだ海賊は面白い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。