上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大海戦前日の移動日。喜望峰方面で適当に路銀を稼いだ後、ディエゴガルシア島に寄り補給を済ませて出港。ここで周囲への警戒を怠るというあるまじき油断を突かれネーデルランド籍のラ・ロワイヤルに後方から追跡され青ゾーンを出たすぐのところで強襲を受けた。

この時点では直前で気付いたため交戦位置を若干離すことができ、重量砲撃を使ってかなりの距離を開けることができたのだが・・・。

「からっきしダメだな」
絶好のチャンスをふいにした敵、また間抜けもここに極まる襲撃を許した自分への自嘲を吐きつつもこの場を逃走すべく急加速を発動したのだが、敵の追撃のほうが遙かに早かった。・・・おいおい、急加速使ってすらまるで立ち上がりが全然遅すぎる・・・。帆は直したはず、加速中にうっかり舵でも切ったか?動揺しつつも2度目の襲撃に対応すべく動いた。

交戦。こちらの加速は非常に鈍重なままだが、あちらのロワの速度は尋常ではない。斬り込みを許しそうになったが重量砲撃を数度当て、何とか加速度を奪う。距離的にはキャノンの射程の中程か。PFでは船員の補充が効かないので最悪の場合でも拿捕だけは避けねばならない。「詰み」を意識しつつも敵艦の前で反転、悪あがきを試みた。クリティカルの間を外す努力はしたがそもそも耐久715のチークガレオンでこの距離への接近を許しているのである。横からの一斉射であっさり耐久を6割近く持って行かれる。この時点で修理対応も遅れ、2度目の斉射で白旗を揚げる憂き目を見たのであった。

「ありゃ・・これはなんも言えん」

無様もいいところである。油断しきったところに冷水をかけられた思いだ。
反省の機会を得たことを海賊の神様に感謝することにしよう。勉強代の10Mはそれなりに痛いが。
スポンサーサイト
そのうち書こうと思っていながら書きだそうとすると面倒になって投げてるテーマである。

毎月2隻ペースで実験艦を建造しながらお蔵入りを繰り返している訳なのだけれど。
BCに半年ぶりに出て、昨今の軍艦設計のトレンドを垣間見たこともありそのうち危険海域での戦闘用途の設計や模擬、BC用途の設計における考え方を整理して文章に起こしてみるつもりである。

いつになるかは知らない。
『よう豪商。おとなしく金だしな?』
無法海域化したモザンビーク海峡にてイスパニアの商船を捕捉。交戦を仕掛けるとともに一応声を掛けてみた。
『!・・半分寝てた・・・』
標的はこちらの声に応じつつ帆を降ろした。ふむ、よく分かってるな・・とぼけた事を言ってはいるが経験豊富な船乗りなのだろう。

『よし、そのまま止まってな。こちらの言うことを素直に聞けば無傷で帰してやる・・・積荷と所持金を伺おうか』
『3.7Mと鹿皮1500なのだ』
鹿皮1500ねえ・・・鹿革ペチコ何着分になるのだろう。いやそんなことはどうでもいいんだが。さてどうしたものかな・・・。

『所持金の半分と鹿皮200を頂戴したい。』
無法海域のリスクは先方も承知のはず、多少吹っかけてもよかろう。
『それで無法海域で見つかっておきながら無事帰れるんだ。』
少々威圧もしておくか。
『高くはないと思うがね。運試ししてみるか?拿捕されてももしかしたら魚で済むかも知れんぞ?』
『そうか、無法だった・・・素直に渡すよ』
『交渉成立だな』
戦闘エリア外に移動しながら続けた。
『よし、ではここからは紳士協定みたいなもんだ。そのまま止まってな、俺も君を信用する』
戦闘終結。先方に再度接近しトレードを終えた。

『よし、確かに頂戴した。あいにく領収書は切らしているが代わりにリアルタイムで24時間の攻撃停止を約束しよう。あばよ!海賊には気をつけていけよ?』
去り際にいつもの台詞を残しつつ次の獲物を探すために帆走を開始した。

ま、話が通じる相手にはこういうのもいいだろう。俺は海賊なのだから。
東アジアが危険度を増しているなか、週末の安土ツアーのために東アジア無法化を回避すべくアフリカ方面を念入りに荒らしておいたのでどうにか思惑通りの週末を迎えることが出来た。(俺一人の所業とは思わないが結構ポイントを稼いだ自覚はある)
アフリカ東岸無法化の2日後、昨夜のカリブ解除後の間の長さは流石に手に汗握ったが・・・まさか東南アジアの安全化が間に合うとは予想外だった。(苦笑)
ま、結果オーライってところか。

アジア方面の無法化については、俺は否定的な意見を持っている。
何しろ無法化するとその海域の通行量は大幅に減る。東西アフリカ方面については東回り航路を使う以上どうやっても通るわけで、まだしも影響は少なく通る航路の計算もできるわけだが、積み込み港のある海域が無法化すると流石に敬遠されちまうからな。

南蛮交易が今の交易トレンドである以上は、積み込みの際に往復する東南アジアと東アジア、この2つの海域が無法化するということは航路全体が干上がってしまう。実際、エウロスサーバのほうでGW中そのあたりが2箇所無法化したと聞いているが、やはり往来はかなり少なくなってしまったそうだ。

その辺の絡みもあるのだろう、最近だと公式BBSなんかでも上納品の仕様変更に対する意見が海賊側から出されて、まあ気の毒なくらい叩かれていたわけだが。もっとも無法海域でも使える上納品とやらは俺でもいらんと思うが。アイテム収奪判定なんかあったら意味ねえだろう、せめて交易品の15%程度が相応と思うがなあ。

話がそれたが、航路全体の活力を失わせるアジア方面無法化はあまり歓迎できないというのが俺の考え方だ。
他の海賊諸氏はどんな風に考えているんだろうか。俺は外洋での活動を得手としているせいもあって積み込み港の封鎖というのはあまりやってきていないからそういう考えになるのかも知れない。

とりとめも無い内容になったので今回はこのあたりで。
2010.05.13 男爵位授与
5年あまり遊んできて、なんと2度目の冒険による爵位授与があったのである。どれだけ冒険してないのか。
確か投資のほうも500Mまでで止まってたはずだったな・・・。これからの海賊稼業の上がりをどこかにまとめて投資して子爵位を頂くのも悪くはなさそうだ。ちょっと考えてみるか。
宮崎の口蹄疫による被害は想像を絶するものであるようだ。

報道による7万頭近い殺処分という数字はピンとこなかったが、現地の畜産農家の方のブログを読めばどれほど恐ろしい事態が進行中であるのかがよく分かる。
ネットを生活の一部とする人間の端くれとして、報道が妙に少ないと感じるこの件をせめてより多くの人に知っていただきたく筆を執る次第。らしくないと思うが衝動に突き動かされるままに。

http://togetter.com/li/15676
http://www.youtube.com/watch?v=mGj-pKOR9jI

ロット6枚あけてもそんなものは出てこなかった。全く人騒がせな。
そんなものはなかったんだよ!

いやしかし海戦でバラまくには少々不公平に過ぎるんじゃないかこれ。強化された大砲は赤枠アイテム以外では耐久回復不能とか、強化限界は5回までとかいう制約を設けないとまずいんでないのかなあ。やたらと海戦に参加する機会が多い国やら、毎回参加できるオスマンやらが一年後には貫通1400超えのカロフルセットもちだらけとか笑えないぞ。それこそ砲撃戦で酷い戦力差が生じてしまったら甲板戦で戦うしかないんじゃないのか、海戦と模擬では出来なくなるはずだけど(苦笑)

アイテム課金でOEとかはあまり歓迎できないなあ。実装されてしまえば已む無し、負けるのが嫌いな俺としてはきっとぶどう弾系大砲のカロ並なんてものを作ってしまいそうな気がするし。いくらかかるんだそれは。

2010.05.06 15秒の壁
表題はテク補充時間の話。
テク総数33で補充16秒であることを知り、そこまでは鍛えたのだが15秒に至るには41以上49未満であるとまでしか現状情報が無かったのである。

まあどうにかやりくりして、全ての武器でテクを保有し41個目めにして補充15秒を確認。3度測定したので間違いないはずである。

ああもう、めんどくさかった!

当分修行はしたくない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。