上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月21日未明、カリカットの旗がポルトガルに。
そして恐らく現地にいたイングランド人の手によりおよそ40分後には奪還と相成った。

数日前からポルトガル資本がコチン、カリカットに入ってきているという情報はあった。
しかし、正直カリカットの旗が変わるところまで入れてくるとは余り思っていなかったあたり俺もどうも平和ボケしてるようだ。

とりあえず今回の件にポルトガル側のビッグネームが関与しているかどうかの情報収集に努めた上、再度の投資攻勢があるかどうかで今後の行動を決める予定。私的意見を述べれば、コチンをもイング同盟港とした上でカリコチ交易を流行らせればあのあたりは安泰だと思うのだが。
交易に必要なスキルがポルトガルのインド交易に類似しているため、コチン旗を彼らの手に渡すのは危険だと思うのだな。もっともイング人がカリコチ交易の必要なスキルをどう育てるかという課題が大きいのだけれど。

当面としては状況を静観、情報収集を優先するという方向で行動する予定。過剰防衛を行った挙句薮蛇になっては面白くない。あちらがその気なら近日中にも再攻撃があるだろう。まあ、俺個人としてはある約束があるために商会員が海事52に達するまではインド方面における海賊行為を封印しているので、力に訴えることはできないのだが。(苦笑

ふん、やれやれだ。私掠協会の話をしたとたんに時勢が追いついてきたなんて話になったりしねえだろうな・・・。
スポンサーサイト
賞金首累計100人撃破を達成した翌日。
砲術家に転職しかねてからの懸案であった『補給』スキルを取得、これの訓練に着手した。
そういうことを知人に話したところ、

『なぜ補給wwwお金ないの?w』
ふん、笑わば笑え。酔狂でやってるわけじゃねえぞ。ちゃんと狙いがあってことだ。
... 続きを読む
表題の通り。次はなにをやろうか思案中である。
冒険なり、脇が甘いスキルを鍛えるなり、すこし変わったことをしてみようか・・・。
2008.09.06 逡巡の末
前回の記事を書いたところ、正直予想外なまでに反応が多くて驚いている。
俺にとっては遠い過去の話であり、既に懐かしむレベルのものであったのだが・・・未だ生々しい痕が残る古傷に触れてしまったということだろう。

続きを書くべきか悩んだが、今回の記事の続きは封印することにしようと思う。
恐らくこれを最後まで書くことは幸せになる人より不幸になる人を増やしてしまうということを心配してのことだ。

俺は当時、ゲルググ(仮)に協会入りを望まれたがこれを断り、本メンバーではなくゲルググ(仮)の相談役として私掠協会に関わる予定だった。よって、協会の崩壊については比較的近い位置でそれを見ることにはなったのだが崩壊に至る事件の真相については伝聞でしか語ることが出来ない。

協会設立に関わる当時の世界状況については、英国私掠のひとりという立場から見た主観を述べているために当然違った意見を持つものもいるだろうことは承知しており、これについては一切否定するつもりは無い。

続きを楽しみにしているといってくれた方には申し訳ないけれど、この件についてはこれにて終わらせたいと思う。
前回の日記についてちょこちょこと、『英国私掠協会とはどんなものだったのか?』という質問を頂くようになった。何分3年近く遡る古い話、思い出すのにそれなりの努力が要る。

やや記憶が曖昧なところもあるが、それがどういう経緯で誕生しかけ、あえなく潰えたのかを語ろうと思う。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。