上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某教祖の記事が非常に参考になったので自分なりに考察を加えてみることにした。
内容は艦隊戦でよくあるシーン。白兵に入った敵艦の船尾に回りこみ、撤退直後を狙うという奴だね。

とりあえず考えうる要素を抽出して図にしたものを挙げてみる。
... 続きを読む
スポンサーサイト
12月某日。

アガラス湾沖において複数の海賊船が活動中との報告が英国航海者サロンにもたらされた。ちょうど穀物海岸を移動中であった俺は現地に急行。敵性勢力が多そうなので、接近を察知されぬよう灯火管制を厳にし南大西洋からケープへ接近、寄航。ロワイヤルに乗り換え再出撃、アガラス沖を目指した。

中途で難解な漢字4文字のヴェネ海賊に発見され、強襲を受けた。先方もロワイヤル、耐久値が900以上ある。横から併走していくように船を寄せ、船体1隻分の間合いまで詰めたところで点滅装填のキャノン70門を発射、470ダメージを加える。敵艦からの砲撃も着弾したが幸いカロネードであったため、250程度で済んだ。この機を逃してなるか、と切り込みに持ち込む。

準備砲撃は期待通りの効果を上げた。敵艦の耐久力は400をわずかに超えるばかりである。1ターン目、初手から専用艦化して付与した『仕込み爆弾』スキルを使用。相手が妨害スキル持ちの副官であってもこれは止められない。180ダメージ炸裂、敵の行動は突撃。30人程度の被害が出たがまだまだ余裕である。
2ターン目、さらに仕込み爆弾を使用、170ダメージ、王手がかかった。流石にヤバいと見たか敵艦は撤退の鐘を使用。エルナンの華麗なスルーで撤退成功されてしまった。ハハハこやつめ、あとでマストに吊るしてやるから楽しみに待ってろ。

敵は満身創痍で白兵から離脱したものの、数秒在れば回復されてしまう。離脱後相手の船首側にわざとこちらの船尾を振るように旋回、機雷を設置。キャノンの装填が終わるまでに敵艦耐久が400以下であれば勝負は決まる。危険な賭けではあったが策は当たり、機雷での撃沈には及ばなかったがキャノン装填が間に合った。至近距離からの横撃で残存耐久力を吹き飛ばし、何とか勝ちを収めることが出来たのである。

8M近い現金が手に入ったのだが、さらに賞金不足からか新品同様の船首エンジェル砲を接収。幸先の良いスタートであった。
12月初旬。

対高速帆船/機動重視仕様ガレー用として考案、設計した新鋭艦、オーク製大型ガレオン『Wolfish Gallop』が完成した。建造時に危うく銅にされかかったが、なんとかこちらの要望通りに仕上がったので一安心。



... 続きを読む
11月某日。

ロンドンに帰還、当商会の何でも作れる美人航海者様に新鋭艦の構想を説明。早速建造の相談をしたわけだが・・・。

『銅で作ろうね』
『いや、巡航速度と強度のバランス上金属素材は不味いんだよ』
『なにおーーー』
『オークじゃないとどうしてもなあ』
『増減はどうするの?』
『-18。十分な搭載量があるはずなんだ』
『あい。じゃあ銅-18の大型ガレオンね』
『オ・ー・ク・だ』
『ぶう。・・まあ、たまにはいうこと聞いてやるです』

はぁ、やれやれだ。でも、なんだかんだで作ってくれるので毎回お世話になりっぱなしなのである。『全ての船を銅張りに』というスローガンが厄介極まりないが。ともあれ新たな翼は手に入れた。牙と爪は既にある。危険海域に帰るとしようかね。
11月某日。インド洋における連戦で装備が疲弊しかかっていたので一旦本拠への撤退を決める。ついでに前々から構想していた新鋭艦の建造に着手しよう。
船の名前は既に決めてある。その名も『Wolfish Gallop』。4月の対ポルトガル通商破壊戦において共にあった良き相棒、高速ケベック『Cruising Wolf』の後継艦。巡航速度、航行航行日数と戦闘能力のバランスを追求した設計である。

そして帰路、モサンビーク沖を移動中のことであった。
... 続きを読む
11月某日。
インド帰りの航海者から、カナリア沖において『竜巻』の名を持つ海賊が猛威を振るっているという報告が英国航海者サロンにもたらされた。ちょうど装備品や船部品の交換のために本国に戻っていた俺は即座に出撃を決意した。

... 続きを読む
2008.01.13 志を立てる
カサドール称号も獲り、一つの目標をまた失ってしまった。
懐事情が少々怪しくなってきたこともあり仕事再開を考えてはいるが、何か次の目標が欲しい。

そこで考えた。マレシャルはBC100勝。沈没船引き上げも100隻成功させると称号を得るという話。されどもカサドールは50隻撃破である。これはキリが良くない。

目指せ100人斬り!

ということでさらに50の海賊を倒す。この過程で協力してくれている人にも称号を獲ってもらえれば嬉しい。この記事を書いている時点で55人目の撃破に成功している。今年もぼちぼち頑張るとしよう。

友人知人、好敵手各位におかれましては先年に懲りず、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。