上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キス釣りは定番中の定番。と言うわけで車で90分ほどの距離にある某港の某堤防へ出撃。8時から14時まで粘ってそこそこの型揃いで20尾釣り上げてきた。こいつは簡単な釣りだが食えば大変に美味い。大きめのヤツは塩焼き、小さいのは天ぷらにして頂く予定。この時期は休日は釣りに出撃していることが多いのでDOLへのイン率が激減するんだよな。まあ多趣味なのは良いコトのはず。

BCの開催が不定期になり、日数も変動するのだとか。船部品の損耗が無くなるというのは中々思い切った物だなあ。最高の装備を存分に使えるのはこの場だけ、となれば色々な大会だとか実験、修行の場として機能するかも知れん。ここ最近BCの閑古鳥ぶりは目に余る物があったから運営も問題視していたのだろう。ガナドールが常に一定数人がいるコンテンツなのは景品が良い訳で戦闘を楽しみに来ているユーザー層とは少々毛色が違う。景品で客を釣れるかどうかはちょっと分からん所だが、開催については常設ですら良かったと思うんだけどねえ。色々新しい要素がまた来るみたいだしぼちぼちDOLもやらんとな。
スポンサーサイト
皆で仲良く40人くらい竿出していた堤防、全員丸坊主。
来週はリベンジマッチ、今度はキス狙いで投げ釣りやるべし。

大航海?ここ数日は口惜しさのあまりひたすら釣りのことばっか考えててインもしてません。でもそろそろ入っとこかな。
渓流、本流、海とどれもこれから盛りのシーズン。世間様の休みが終わったタイミングが俺の休暇というわけで今週はとりあえず海へ行こうかなと。針に糸巻いて仕掛を作り、エサのオキアミを本みりんと砂糖で締めてハード加工を施して投げ釣りに使用可能な状態に。黒鯛などを狙ってみる所存。

大航海は当面続行。とりあえず欧州に戻り哨戒用コルヴェットなど建造してみようかと。タイマンもいいけど狩りをするなら速い船。切り込んだら甲板行っちゃえばいいじゃない的発想。まあこれは仕事中を狙う用かな。尤も使うかどうかは別問題なんだけどね。船をせっせと造って金を減らして、トロをいぢめ続ける理由を作らないと白兵上げが滞るのだ。

6月には鮎も解禁だし毛鉤の仕掛も作らないとだなあ。鮎毛鉤を3つ4つ枝針に付けてウキを付けて、瀬を流す仕掛のことをなんて言うか知ってるかい。まあそんな仕掛もいくつか作って夏に備えないとなのである。
今年もそろそろ釣り始めのシーズン到来。早速仕事帰りに雑漁券を購入。
仕舞い込んだ釣り道具も引っ張り出して、早速仕掛や小道具の手入れを始めた。4月早々にも近場の川へ一竿入れにいくつもりである。40分も車を走らせれば港もあり、陸っぱりで小アジなんぞも挑戦してみたい。釣りは狩猟本能を良い感じに満たしてくれるのでどうも性に合ったようだ。

ところで大航海はトロといつでもいっしょの甲斐あってエルナンの海事が65に。メインキャラも海事カンスト目前、錬成突撃も10目前という所まで来た状況。商会の仲間と軽くタイマンのスパーリングなども行い、ぼちぼち準備OKかなという心持ち。副官仕官の話が公式に上がっていたが、通防持ちの副官が交易を3つ上げれば条件整う模様。これは追い込みを掛ける必要があるな。まあ交易レベルなら金の力にモノを言わせれば副官と言えど47>50な容易いものだ。容易いはず。だよな?多分。

そういえば結局のところ、どう見てもド平凡なオーソドックス仕様のナポガレを1隻作ってしまった。見れば見るほど往年の名機であるロワを彷彿とさせるものがあるねナポガレは。流行には乗らないで置こうと思っていたのだがつい手を出してしまった訳である。いいんだよ、定番機を使いこなしてこそワンオフの特化機を扱いきれる技量も身につくってもんだ。だから良いんだ。あんなの作らないとか言っておきながら造っちゃっても良いんだ。

僕はここにいて良いんだ!
釣りを始めて一年目というか4ヶ月目にしていきなり最も金がかかる釣りとされる鮎に手を出したわけで。
実は仕事が超忙しいので7月半ば頃から全然釣行できていないのであるが、どうにか一日時間を捻出して地元の一級河川、九頭竜川に出撃。あっさりオデコで返り討ちに遭って来た。

名人にまでなろうと高望みはしないが、一度出撃したら家族の人数分のおかずを確保できる程度には上達したいものである。そうなると、鮎釣りでは現在のメインストリームである友釣りを学ぶのが近道であることは重々承知なのだが、そこは生来の天邪鬼ゆえにあくまで毛鉤とルアーのみに拘る所存。師匠がいないのでネットと文献のみが技術面での知識ソースとなるので実地にて検証し最適化を行うしかない。

まるっきりDOLでやってたことと変わらんじゃないか。

まあ一生の趣味となるものだから気長に取り組むとしよう。実のところ竿やら道具やらはオークションだの100円ショップで揃えられる代用品で間に合わせるとかして7万円程度で鮎釣り装備を整えることに成功しているのだが、それでも結構な額である。元を取れる腕になれるといいねえ。

DOLはどうにも良い話を聞かないね。耳に入ってくる話だけだと夏を最期にサービス終了の線も現実味を帯びてきたんじゃないかとすら思えるが、さほど残念でもない。今のままなら戻る価値もないしな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。